第二王子「フム、女主人公を娶れば私が王候補に近づく」ニヤ俺「うわあ悪そうな奴だな」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2020/01/22(水) 00:29:46.412ID:mxF+nE6g0
部下「なかなか女主人公の奴、第二王子のアプローチに反応しませんね」チッ
第二王子「婚姻は駆け引きだ。私の役に立たぬなら消すまでよ」ククク

俺「なんて野郎だ! お前なんかに女主人公は靡かんぞ!」


大臣「…女主人公は私の政敵だ。奴を消せば、私は第二王子を王に推しますぞ」

俺「腹黒そうな厄介な奴だったが、ついに第二王子が本格的に動くのか!」

部下「第二王子、やりましたね! 大臣を抱き込めば、勝ったも同然です!」
第二王子「……どうだろうな」

俺「うん?」

部下「王子! なぜ決断なさらないのです! 悩む余地などありますまい!」
第二王子「黙れ! お前如きが私に指図するな!」

 予想外すぎてワロタ
 第二王子可愛すぎだろ

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2020/01/22(水) 00:31:58.965ID:SI/fGP100
全然頭に入ってこんわ説明下手くそだなお前
素直に作品名紹介しろやハゲ

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2020/01/22(水) 00:34:53.707ID:mxF+nE6g0
部下「女主人公は失脚しました。最早娶る価値はありません」
第二王子「クク、いずれ奴は返り咲く。天下に必要なコマになる」

俺「いやこれもう好きでしょ、素直になれよ」

部下「罪人になり奴隷落ちしました!助ければ王子の経歴に泥を塗ります!」
第二王子「ならん!女主人公は必要なのだ!なんとしても助け出す!」

俺「流石にもう無理があるだろこれ。認めろよ」

部下「ここまで尽くして振り向かぬ女に固執してどうするのです!」
俺「そうだぞ目を覚ませ!」
第二王子「奴が隣で支えてくれれば…俺は、王を目指せるのだ…。俺にはあいつが必要なのだ…」
俺「王子…」

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2020/01/22(水) 00:38:09.085ID:qQFJovRMa
なにこれ
FF15?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています