DQN「ぼっちのくせに調子に乗りやがって……」俺「ふむ?」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:25:10.489ID:M2CAU+KK0
女「映画面白かったねー」

DQN「おう!クライマックスが最高だったぜ!」

雌「伏線回収されたとこなんて私鳥肌立っちゃった〜」

チャラ男「まだまだ語り足りないな。それにしても喉乾いたね。あそこで休憩しよっか」

カランコロンカラーン

店員「っしゃっせー。こちらの席どうぞー」

リア充「よいしょっと……ん?」

俺「……」ペラッ

マンコ「あ、ちょっと見て見て!あいつ俺じゃない?」

DQN「マジだ。あいつ休日にサ店に来て1人で本読んでやがるぜ」

雌「え〜何あれ寂しい〜!w」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:28:56.988ID:M2CAU+KK0
チャラ男「彼、なんかクラスで浮いてるよね?」

マンコ「なんかどころじゃないでしょ〜。モロ浮きだって」

リア充「典型的ぼっちだよな。いっつも1人」

俺「……」ペラッ

雌「友達いないとあんな風になっちゃうんだwカワイソw」

DQN「あいつきっと俺らに気付いたら顔真っ赤にして逃げるぜ」

女「じゃあ、私ちょっとトイレ行くフリして近く通ってみるね!」

DQN「おう!行け行け!」

店員「ご注文は?」

DQN「あ、え、えーと、そうですね……」パラパラ

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:29:33.438ID:8WtbX6cB0
はやくしろ

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:31:36.884ID:M2CAU+KK0
女「俺くん、私に気付くかな?」チラッチラッ

ドンッ

女「あ、ご、ごめんなさい……」

美少女「いえ、お気になさらず。私も余所見をしていましたので」

女(うわぁ、凄く綺麗な子……ア、アイドル……?)

美少女「……」キョロキョロ

女(誰か探してるのかな?もしかしてプロデューサーさんとか?)

美少女「あ、俺くん。お待たせ」

俺「遅いぞ」

女「え!?」

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:35:47.554ID:M2CAU+KK0

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:37:19.712ID:T2xGHTAha
はよはよ

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:38:17.856ID:M2CAU+KK0
美少女「ごめんごめん。でも他の子もまだみたいだね。私が一番乗り〜」

俺「どいつもこいつも時間にルーズすぎる」

美少女「あはは。でも、喫茶店で読書する俺くんも様になってたよ?何読んでたの?」

俺「哲学書だ」

美少女「おっとな〜」

美少女「でも、クリームソーダ飲みながらっていうのが俺くんらしいよね。一口頂戴?」ズズッ

俺「こういう場合は普通アイスを貰うものではないか?構わないが」

女(な、なになに!?どうなってるの!?)スタスタ

女(なんで俺くんがあんな可愛い子と知り合いなのー!?しかもなんか仲良さげ!)ガチャッバタンッ

女「ってトイレ着いちゃった!」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:41:33.228ID:M2CAU+KK0
ほし

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:47:33.777ID:M2CAU+KK0
店員「ご注文は以上でよろしいですか?少々お待ちくださーい」スタスタ

DQN「はーい」

DQN「しっかし、おっせぇなぁ女の奴……何してやがんだ?全然戻ってこねぇじゃん」

リア充「……ん?あれ?俺の席、向かいに誰か座ってる?」

チャラ男「後ろ姿だけど……女の人だね。楽しそうに喋ってる」

マンコ「えー?ツレいるじゃーんつまんなーい」

雌「ってか、お母さんでしょ?w」

ドッ

DQN「それだ!w」

リア充「お母さんw間違いない!w」

マンコ「家でお喋りしなよ〜w」

カランコロンカラーン

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:51:10.525ID:M2CAU+KK0

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:57:41.641ID:M2CAU+KK0
後輩「はぁ……はぁ……」キョロキョロ

マンコ「あ、ウチの制服」

後輩「……!」タッタッタッ

リア充「……」ジー

DQN「……」ジー

マンコ「ちょっと!ガン見し過ぎ!」

リア充「い、いやだって……めっちゃ可愛かったから……つい……」

DQN「あんな子がウチにいたとはな……なんというか、凛々しくて……可憐だぜ」

チャラ男「上玉だね。あの学年章は1年生、早速調べないと」

マンコ「アンタらねぇ……ってあれ?」

チャラ男「どうしたの?」

マンコ「今の子、俺の隣に座ってるけど」

DQN「はぁ?んなわけ……」チラッ

後輩「私に遅刻の罰を与えてください」

俺「そこまではいい。次からは気をつけるんだな。急いで来たんだろう?髪が乱れている」ナデナデ

後輩「あ……」

リア充「ホンマやー!!!」

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/23(水) 23:57:45.075ID:yfdvkUMn0
おっとな〜わろた

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/24(木) 00:02:19.823ID:iVydR+En0

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています