【創作】厨二オリキャラ♪サラスヴァティ【雑談】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/12(土) 14:58:44.307ID:ahVMlmj70
黒歴史、胸に溜め込まずここで吐き出せばいいじゃない
当スレは現在進行形厨二病患者から既に治った人も黒歴史を晒して身もだえするスレです。
さぁ、黒歴史を晒して開放感を得よう!

★ スレが落ちた場合、日曜の昼15時までは立て直しを有りとします(下URLの避難所で適宜相談のこと) ★

★ 今回落ちたスレはこちらにURLを羅列します(まだありません) ★


避難所 ttp://jbbs.livedoor.jp/study/9980/
wiki ttp://www42.atwiki.jp/saraswati/
うpロダ ttp://u9.getuploader.com/saraswati

規制用に書き込み代理スレを作ったのでこちらもどうぞ
代理スレ  『http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9980/1348335585/



初めての方に……
Q,ここってどんなスレ?
A,創作物ををみんなで晒し合いするスレです。
 小説もイラストもキャラもなんならポエムでもなんでもOK!
 むしろ厨二妄想以外にも創作関係全部OK!
 現在進行形で創作してる人でも昔作ってた人でもどんと来い。
Q,弁財天?
A,ヒンドゥー教は関係ないです。
Q.wikiの個人ページって勝手に作ってもいいの?
A.wikiは皆のもの(キリッ
全然ok。もし編集の仕方がわからないようならテキストであげてくれれば優しい人が作ってくれる
スレの流れが気になって頼みづらいなら避難所に投下してもらってもおk
Q,規制されてるから書き込めないんだけど?

703以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 20:59:44.137ID:osuTuVrM0
絵本で主人公が異世界に行くストーリーは多数あるが大体結末は元の世界に帰ってくるようにできている
これは読んだ子供が読み終えることで絵本の世界から現実の世界に帰るというメタファーと聞いた
つまり主人公が現実世界に帰ってこない異世界転生ものは読者にとって危険な読み物なのかもしれんな

704以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:01:46.245ID:WRnm9F9K0
マジカル☆廃棄物を異世界投棄するお話(社会派)

705以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:05:53.200ID:3PJ48iYV0
ほ〜
まぁ子供の場合は帰ることへの安心感が大事ってのもありそうだな
現実に帰ってくる系の絵本は、幼心ながらに寂しい気持ちになってたけど



自分の異世界モノの主人公は現実に帰ってくるな
異世界に居た所で幸せでもないし

706以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:07:29.642ID:IzDIOKsTp
異世界から帰れなくなる決断をしてまで異世界を救います
これは現実に嫌気がさした作者の心情がウンタラ〜

707以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:13:15.266ID:aH/8u2+m0
その点転生モノは「死」という絶対的な決別を挟むことで現実との繋がりを断ち切って
これは異世界への一方通行の物語なんだと最初に示してるんだな

708以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:14:17.543ID:vPR2pbux0
二次創作クロスオーバー妄想で、主人公チームが強制転移されて異世界にたどり着くところから始まり
中盤から、異世界と元の世界を行き来して進んでいき
最終的に元の世界の宇宙が敵の不可抗力により消滅したため、元の世界の地球どこ異世界に転移させ難を逃れた

709以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:14:48.502ID:3PJ48iYV0
異世界モノの敵が、そもそも偶発的に転生してしまった現代人達なので
主人公はそれを排除する役回りにすぎない

本来、異世界渡航などということがあってはいけない、それが世界の理

だから主人公は事が終われば帰らなくてはいけない


しかし現実に帰ってきたあとの主人公が、しっかり精神的に成長してたり、
ふと、異世界での友人を思い出したりするのが侘び寂びを感じて良いと思うのだ

710以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:24:09.558ID:3PJ48iYV0
ちなみに、敵となる偶発的に転生してしまった現代人達は、現実に帰りたいと思っている

単に現実世界で志し半ばに死んでしまった悔いもあるが、帰郷の想いは如何ともし難い

しかも帰ることができれば、異世界で得た超人的な力を使って、現実で無双もできる

でもそれは許されない
転生者はもう現実では死んだ者である

そして、異世界でも死ななくてはいけない者でもある

711以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:40:13.945ID:3PJ48iYV0
転生者の一覧でも

・一人目の転生者

 元は17歳の品行方正な女子高生だった。
 不注意運転のトラックによって下半身がミンチになって死亡する。

 主人公の様な、転生者を排除する存在と四度戦って勝利している。

 現実と異世界では時間の流れが違うため、現実では死後二週間しか経過していないが、異世界では700年以上生きてきた。

 700年もの間、現実に帰る方法を模索し続けているが、その過程で異世界の社会に多大な影響を及ぼしてきた。
 

・二人目

 元は死産した赤ん坊。
 転生してもその造形は独特であり、性器のない大男となっている。

 転生してからは400年以上経過している。

 一人目と一時は対立するが、一人目が現実に帰る方法の模索を提案したことで和解する。

 現実では死産した赤ん坊なので、現実での記憶が一切なく、『自分が本当は何者であったのか』を知りたがっている。


・三人目

 肺癌で若くして死んだ青年が転生したもの。
 転生してから120年以上が経過している。

 現実に母親を一人遺しているため、現実に還って親孝行がしたい。 


・四人目

 元引きこもりで、自分の不注意で車に撥ねられて死んだ少年。
 転生してから1年も経っていない。

 最も凶暴で不安定である。


 現実に還って自分の家族を皆殺しにして、自分をイジメてた奴も殺したい。

712以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:43:26.318ID:hH9nw2mb0
<うちの二次クロスオーバー妄想>
次元を越えて襲来した敵勢力(黒幕)に追われる中、滑り込むように異世界へ転移した主人公たち
彼ら4人は元の世界へ帰還することを大きな目的として行動を開始
戦いの経験を重ね、現地で頼れる仲間と共闘していく中、やがて黒幕の存在へと辿り着くが
その黒幕の思惑により、主人公たちは(仲間もろともに)思いがけず元の世界に帰還を果たすこととなった

しかし、主人公たちの世界は黒幕の手で既に滅ぼされていた
彼らは怒りと哀しみ、絶望、そして憎悪に心を掻き乱されながらも
全てに決着をつけるべく最後の血戦へ臨む意思を固めるのである

713以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:50:30.352ID:WRnm9F9K0
多世界クロスオーバー妄想の大ボス枠が使う武器防具をいろいろ考えているが
ネタがなかなかまとまらなくて二つしか出来てない( ´ω`)

【否楯“滑落するアルベルティーノ”】
 皇帝専用兵器〈否武装〉シリーズのひとつ。またの名を“何の変哲もないおじさんシールド”。
 既知の界域<リージョン>で最強とも言われる、ある男の運命力を核として駆動される因果歪曲機構。
当該人物は何の戦闘能力も持たず、また歴史上に偉大な功績を遺す運命にあるわけでもない。
ただ何の意味も文脈もなく、その死に様だけが桁外れの運命強度で確定されている。
すなわち「71歳の誕生日に“無の断崖”から滑落して死ぬ」という最期。彼はそれ以外の形では絶対に死なない。
たとえ一つの世界の全軍事力が彼の命を狙おうと、数多ある宇宙の神々が結託して彼の抹殺を企てようと、
定められた結末を変えようとする試みは何ひとつ、決して、成功することがない。

 否楯と呼ばれるシステムは、その男アルベルティーノをループする閉鎖時空に囲い込み、
確定した結末への到達を無限に先延ばしとすることで、彼の絶対的な因果歪曲能を
外部から利用するために構築されたものである。その用途はたとえば回避不能の攻撃を
動作の起点から不発に終わらせるシールドであったり、外交交渉を望みの落としどころへ
誘導するための予定調和実現装置であったりする。
 アルベルティーノ自身は、そもそも自分がそのような異常因果律を付加されて生まれてきたことも、
自分がループ時空に閉じ込められていることも知らず、妻子と幸せな永遠を暮らしている。

 アルベルティーノの運命力に目を付け、これを利用する否楯のシステムを構築したのは
例によって“皇帝”であるが、そもそもアルベルティーノにかくも無意味な死の運命を定めた存在が
果たして何者であったのか、という点は未だに謎のままである。

714以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 21:51:25.357ID:osuTuVrM0
主人公の仲間(妖怪)の家族を殺したキャラ晒す

亜魔
年齢:512歳(から数えるのをやめた)
性別:女性
身長:130cm
体重:30kg
種族:半妖(人工)
身体的特徴:ピンク色の斑点があるように見える長髪、泣き黒子

人工半妖だけで構成された組織【陰陽】に所属する半妖の少女(?)
見た目は十代前半だが組織のボスよりも長生きしてる怪物であり周りからも姐さんと呼ばれている
常にボーッとしてる掴み所のない性格で居住地を持たず気の赴くままに一日中散歩している
人間であった頃の名前も忘れており陰陽に入るまでは名前を持っていないなど見た目は人工半妖の中では一番人間してるが最も人間性を喪失している
常に呆けているように見えるが戦闘になると豹変し相手を怪力で抑えつけ相手が妖怪の場合噛みつきからの補食攻撃を行う
他にも様々な妖怪の能力を使用している目撃証言があり、神出鬼没さも含め退魔師の達からは最も警戒されている半妖である

彼女が半妖化したのは約600年ほど前
武家の娘だった彼女は神隠しに遭い妖怪の世界に迷いこんでしまった
幸いその領域にいた妖怪はそこまで手強いものではなかったが問題は餓えと渇き
人間界の植物や動物は存在せず川も流れていない
そこで彼女は襲いかかってきた妖怪を斬り、その肉を喰い飢えを満たし、血を飲んで渇きを癒すという壮絶な日々を過ごした
50年の時を経てついに人間界に帰ることに成功するが長年に渡り妖怪の血肉を喰らい続けたことで彼女の体は半妖化してしまっており
定期的に妖怪を食べなければ肉体が急速に老化し死亡することも発覚した
年々妖怪の数が減っていることに危機感を覚え人工的に半妖を作り出す陰陽の計画に荷担することにした

妖怪としては複数の妖怪の混成であり補食した妖怪の妖力を使用できる特技を持っている
しかし妖力の使用は彼女の肉体の老化を早めるリスクがあるため基本的に体術と魔術を使い戦闘を行う
妖怪以外にも霊能力者も補食対象のため生半可な力量の退魔師では負けるだけでなく喰われて術を奪われる危険性があるため非常に危険

715以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:17:05.092ID:vPR2pbux0
人工的に怪奇的な生物作る組織ってたいだいその生物で滅びるイメージ
具体的な例は思いつかない

716以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:21:30.230ID:3PJ48iYV0
組織とはいかなくとも、生みの親は大抵やられる

717以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:22:15.904ID:WRnm9F9K0
ラスボス専用武器その2。

【否槍“空の蒼きを知らぬ飛鳥”】
 皇帝専用兵器〈否武装〉シリーズのひとつ。またの名を“みんなのハッピーエンド”。
有限個の子宇宙を含む多元宇宙<マルチバース>そのものを使い捨てて行われる、壮大な詐術である。
 使用タイミングは主に敵性存在との戦闘中が想定されている。武力による直接戦とは限らず、
戦略レベルでの軍事的圧力の掛け合いや経済的侵略、何らかの権益を巡る外交戦をも含める。

 否槍が発動するとともに、当該戦闘に関連する全階層次元宇宙から新たな分岐世界が生み出される。
この世界では、敵が最も納得(=蓋然性が高いと認識)する形で皇帝に勝利することが確定している。
 たとえば、帝国の異界侵略に義憤を燃やして挑んできた勇者がいたとしよう。
生まれ持った素養か、想像を絶する努力ゆえか、はたまた故地たる世界のポテンシャルゆえか、
彼は帝国の並み居る強兵たちを蹴散らし、皇帝との直接対決に臨むほどの力を持っていたとしよう。
 勇者は激闘の果てに悪逆なる皇帝を討ち倒し、故郷への凱旋を果たした。彼の属する世界群は
帝国の脅威から解放され、前途には輝かしい未来が待っている。勇者は戦に傷ついた世界の
復興に尽力し、戦友や愛する人と共に、安楽ではないが栄光に満ちた“英雄としての”生涯を終える。
 ――以上のすべてが、否槍の効果で勇者にプレゼントされた『彼が勝利した世界』である。
 それは一種の並行世界であって、夢幻でも偽物でもない。死力を絞り尽くして得た完全なる勝利を、
勇者は最後まで疑うことはなかった。だが否槍によって分かたれたもう一つの世界群では、
勇者と彼に従う者たちは突然いなくなり、皇帝による戦後処理が粛々と行われているのだ。

 否槍の本質をメタ的に表現するなら、「相手をハッピーエンドルートに隔離する」兵器と言える。
階層構造を持つ多元宇宙を、詐術の舞台装置としてまるまる一式くれてやるのだから、
当然そのコストは述界兵器などの「尋常の敵に取り得る」手段とは比べ物にならない。
 そうまでして、誰も傷つかない“理想的決着”をもたらす慈悲の最終兵器を用いるときは、皇帝が
相手に最上の敬意を払っているか、あるいは真に強大な敵と認めた場合に限られるとされる。
(↓つづく)

718以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:23:32.173ID:gs/UD3lqa
アンブレラ社とか?

719以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:23:48.022ID:WRnm9F9K0
(↑つづき)
 使われた側に直接の損害はない。因果的関連性を失った帝国が再侵攻してくることはないし、
むしろその後の歴史は繁栄と発展の時代を迎えることだろう。ただ、敵が滅びなかっただけである。
 戦勝に沸く世界で、誰かがこの兵器の存在を知ってしまったなら、できることは三つある。
 気にしないことである。忘れることである。そして八方手を尽くし、永遠に隠し通すことである。

[補遺]
 隠された第二の用法として、奇襲などによりリアルタイムで否槍を使う暇もなく敗れた場合に
過去改変による遡及復活のトリガーとなる機能もある。

 たとえば、とてつもない武器ないし能力を持った刺客が皇帝を狙い、時空を超越した
その手管の前に、否槍を含めたあらゆる臨場的防御手段の発動が間に合わなかったとする。
 暗殺は成功し、皇帝は己の帝国もろとも滅びた。刺客は疑いなく完全勝利を収めている。
ところが帝国崩壊の混乱の中、いずこかからこの兵器の存在がリークされ、刺客とその黒幕たち、
さらには民衆の中にも一つの懸念が生まれる。「実は否槍を使われていたのではないか?」と。

 その時まで確かに皇帝は敗れていた。帝国は崩壊していた。しかし猜疑が可能性を手繰り寄せ、
恐怖が現実認識を揺るがせば、否槍の秘めたる機能は解放される。すなわち、未来からの遡及発動。
直接対決の勝利と引き換えに生き延びた皇帝と、いぜん健在の帝国が、次元の彼方に忽然と復活する。

 この場合は任意の次元レンジを指定できないため、帝国の全リソースの半分を投入することになるが、
まったき滅亡に比べれば半壊などは問題にならない。しかも敵は否槍の効果で多元宇宙ごと隔離され、
当座の脅威ではなくなる。可測領域世界の半分を切り捨てる、いわば国ぐるみの緊急脱出装置と言える。
(いじょ)

720以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:29:50.908ID:3PJ48iYV0
アンブレラはゾンビ騒ぎの責任で会社が衰退しただけやな

721以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:31:35.810ID:WRnm9F9K0
我は実写バイオが長すぎて途中までしか見ていないマン……
たぶん4作目までは見た

722以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 22:41:04.471ID:3PJ48iYV0
実写は見てなかったマン
ゲームの方は大体わかる

723以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:00:55.182ID:ejwg9sqv0
ほw

724以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:10:34.597ID:3PJ48iYV0
オッサンキャラを味方に出したい

725以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:19:58.261ID:IzDIOKsTp
いいじゃん、どんなオッさんがいいんだよ
お前の「好き」を邪魔するやつはいねえよ、好みのオッさんを出しな


俺はナチュラル上から目線ツンデレ魔術師オッさん(不老不死目指して生命の秘宝とかそんなんで若作りしてるので50過ぎだけど見た目は30後半)!
「焼き尽くすぞ……合わせろ!」とか言ってくる感じ。
マジモンの魔女(種族名)が師匠なのでそれに寄り添ってやるためなんだけど表向きは「あんな腐れ女に師事した自分がバカだった」とか言い合う関係。

726以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:23:50.894ID:aH/8u2+m0
なんかこう主人公向けの能力考えるの難しいけど面白い
尖ってるけど応用の幅広くて各戦闘で毎回違う応用出せるくらいには引き出しあって
かつ発想の転換次第で終盤のインフレにも対応できるほどの反則じみた性能にもできる的なやつ

727以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:26:00.873ID:tFMM8Dy30
電子だな
電子を制する者は世界を制する

728以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:30:53.810ID:3PJ48iYV0
じゃあ・・・全てを喪った系オッサンで行きたい
元々人種差別の憂き目に晒されてて、家族一筋で生きてきたけど、その家族まで死んだおっさん
30代半でなんとか人並みの稼ぎができるようになり、やっとこさ嫁さんができて、娘ができたことで、
自分の人生に意味を見出せたのに、一瞬で終わった人

40代だけど筋骨隆々

そのせいで言動はキツイけど、過去にしがみついており、ストーリーの進行と同時に主人公に対して
自分の子供を重ね合わせるようになる

主人公はそれを淡くも察して、一人の男の弱さを知る

729以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:33:05.435ID:hH9nw2mb0
ウン年前にStory Editor内に作った能力設定を晒す

【闘気】
 ・生命体が持ち得る生命エネルギーを戦闘用に特化させたもの。
  念動力に近い力でありながら、明確な物理攻撃力を持つ。
  操り方次第では銃火器よりも高い殺傷力を持つ危険な代物となる。

 ・戦闘経験を持たない人間、あるいは霊的な存在に接触する機会がない人間が発現することは難しい。
  (ただし、生命エネルギー自体は誰でも持ち得るもの。生命体である限り、闘気を発現する可能性そのものはある)

 ・闘気の発現にはいくつかの条件があるが、第一に必要不可欠なのが豊富な戦闘経験。
  次いで、大きな感情のうねり、霊的な存在との接触、特定の道具を使用するなどの条件を重ね
  ようやく闘気を発現させることが可能になるが、それらの条件を経ても闘気を自在に操れるまでには更に困難を要す。
  また、激しい感情の高まりによって闘気の力が爆発的に上昇することがある。

 ・闘気は、プラスエネルギーを基調とする「光の闘気」、マイナスエネルギーを基調とする「闇の闘気」に分類される。

 ・基本的に、光の闘気は純粋な心を持つものが開眼し、闇の闘気は邪心を持つものが開眼する傾向にある。
  必ずしも善と悪の立場で区別される訳ではない。
  悪の立場に属しながらも、純粋に強さを極めようとする者が光の闘気を発現させることもある。

 ・光の闘気は太陽エネルギーに近い性質を持ち、吸血鬼やアンデッド、魔族などの闇の眷属に対し有効打となる。
  闇の闘気には束縛効果があり、相手の動きを封じ込める力が存在する(光の闘気がなければ束縛解除は極めて困難)。
  闘気そのものの威力は光の闘気がやや有利だが、持ち主の気量によって簡単に覆すこともできる。

 ・闘気を自在に操れるようになると、気配感知・生命感知を行うことが可能となる。
  熟練次第で気の強さの判別、敵意の感知、生命エネルギーの質から個人を判別することも可能に。
  闘気を持つもの同士、あるいは交信系の超能力を持つものとテレパシーを通じた会話を行うこともできる。

 ・原則として、生命はその個体の中に一つしか存在しないため、異なる属性の闘気を同時に二つ以上宿すことはない。
  ただし、光の闘気と闇の闘気は表裏一体の関係にあり、術者の心理状態などが影響を及ぼし「反転」することはある。。

730以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:33:36.078ID:+uZ5Hfom0
主人公
死んだら生き返る能力
死んだ後なら好きな場所に好きなタイミングで復活できる
距離や時間は一切問わない
(例えば日本で死んだ1秒後にブラジルで復活も可能)
肉体は完全消滅しても無から再構築する
過去に戻れたりはしない
生き返る以外には何の力もない

731以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:36:18.433ID:tFMM8Dy30
>>730
しかも痛みは感じる系のリスクある感じの能力だね

732以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:38:10.777ID:ejwg9sqv0
新しく考えてる妄想の主人公を本編書き出してもないのに次回作でどうかっこよく新主人公の前に出すか考えてしまう病気

733以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:42:30.083ID:aH/8u2+m0
>>730
ワープ能力として考えれば破格だな
ワープ系で気をつけなきゃいけない転移直後の事故死のリスクも回避できるし
(痛みとかをガン無視した使用法)

734以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:48:47.849ID:+uZ5Hfom0
当然痛みは感じるので痛め付けられると弱い
身動きできない状態で殺さないように痛め付けられるとどうしようもない
移動手段や危機回避には有用だが状況打破には直接的には役に立たない
身体能力が強くなったりはしないから
実力で歯が立たない相手に復活繰り返しても意味ないしね
初見殺しの不意討ちには有用だが

735以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:51:54.479ID:nI7Ek6fTa
亜人のハンチング帽のじいさんみたいな自分の痛みとか恐怖を自身でなんとかできるアレな人なら有効活用しそう

736以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/16(水) 23:54:24.092ID:+uZ5Hfom0
亜人の人らは我慢強すぎだで
自分の腕に銃連射して腕もいだりするし

737以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:04:40.589ID:k7hn1OWt0
SAO読んだこと無いけど概要みてたらこんなん思いついたんで晒す
SAOとはよく似た別の世界

ある日事件が起こったとある世界的人気オンラインゲームの世界にプレイヤーが閉じ込められたのだ
そして解放されるためにはゲームをクリアする必要があること
ゲーム内で死んだ者は本当に死んでしまうそんな事実が伝えられた
あるものは果敢にクリアに挑み、あるものはそんな者たちをサポートし
またある者は死を恐れ何もしないそんな状況で多くの時間が流れる中一つの集団が街をにぎわすこととなる
高価だが性能の低い完全に見た目重視の装備を身にまとい集団で街を練り歩く低レベルの美形アバター集団
少ない稼ぎのほぼすべてを見た目と遊びにつぎ込み笑い合うその姿は多くの者たちにとって嘲笑の対象だった
しかし少数の者たちにとっては絶望的な状況で笑顔を振りまくその姿は希望でもあった
そんな彼らの目的それは自らが「遊び」を通じて「希望」を伝えること
悲観しすぎる必要はない遊んでいいんだ、楽しんでいいんだ、これはゲームなのだから、遊びなのだから
楽しもう、それがひと時の慰めに過ぎないとしても、絶望に負けないために
そんなメッセージを伝えるべく彼らは遊ぶ、そのためにあるものは鉱山で泥にまみれ
あるものは下位モンスターと死闘を繰り広げ、持ち寄った金を派手に浪費し笑い合う
アフリカに生きる世界一優雅な男たちの生きざまをヒント立ち上がった大規模エンジョイ勢ギルド
その名はプロジェクト・サプール彼らは遊び続けるこの世界で
「さあ笑ってくれ俺たちと、さあ笑ってくれ俺たちを、笑顔になってくれるならどんな形でも構わない」
そんな言葉とともに、この世界に希望を伝えるために

738以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:05:08.542ID:k7hn1OWt0
カイル
プロジェクト・サプール創始者、リアルは26歳のアパレル店員
非常に派手好きな性格で人の輪の中心であることを好む
元々はゲームクリアを目指す前線ギルドのメンバーだったが
黒幕の手のひらで踊っているも同然の状況に疑問を抱き何とか一泡吹かせられないかと
黒幕の意に反する形で弱きものの希望となることを決意
カラオケレベルの歌や踊りしかできず希望となりうるほどの芸などできない彼にできた唯一の特技であった
服と遊びを武器に元の仲間と別れ戦えない者たちの世界に飛び込んでいった

みかんだいふく
カイルの元仲間、リアルは19歳の大学生
内向的なゲームマニアでありゲーム関係以外の人間関係は希薄
カイルにあこがれておりゲームの実力は自分が上としつつも兄貴分と認識し慕っている
現在も仲たがいしたわけではなく関係は良好カイルの考えを理解しているわけではないが尊重しており
外部の協力者としてプロジェクト・サプールを支援している
カイルが弱者の中で生きることで彼らの希望となる道を選んだのなら
自らは強者としての責任を果たすことで希望になろうと考えゲームクリアに向けて熱意を燃やしている

終わり

739以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:13:40.310ID:IOZAF1Ad0
どっちかというとログホラの世界に居そうな集団だと思った(こなみかん)

740以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:36:38.509ID:Z+J9URJp0
主人公が成長するのはいいけど
イキるのだけは耐えられない

741以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:37:51.661ID:98Aytm6X0
痛々しいイキりと見てて面白いイキりがある

742以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:41:35.811ID:Z+J9URJp0
主人公「キリトかなーやっぱりw」

743以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:46:24.401ID:MRjdkbakp
胃キリキリなら……

744以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 00:48:34.031ID:efgfyQCB0
カオスパのマックス艦長面白かったなぁ……(唐突

異世界転移したと思ったら世界の存続が懸かったデスゲームに巻き込まれた件

745以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 01:03:38.407ID:ZgcALQYe0
死と隣り合わせの状況に立たされ胃がキリキリするくらいのストレスを抱える中、
そのフラストレーションを平時の修練と戦闘時の集中力に転化することで戦士としての頭角を表していくのだ

746以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 01:34:20.382ID:aKmsdE94p
この前寄ったラーメン屋で平井堅のポップスター流れてたんだけどさ、
素直にいい曲だなと思うと同時に「神様が僕に下した使命は君だけのヒーロー」とかその辺のフレーズが凄く好きで
俺が平井堅好きになったのとはまた別に妄想に使いたいなと思いました

このボーイミーツガール感、久しく忘れてたなァ……

747以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 01:37:27.607ID:zd1RVLhp0
ワシは東方ボーカル漁ってて見つけた曲の
誰よりも優しいのは(いつも優しいのは)愛しているからじゃない(信じてない誰一人)誰一人、愛さないと心に決めたから
誰よりも厳しいのは(いつも厳しいのは)憎んでいるからじゃい(信じたいよ誰一人)誰一人、置き去りにしないと決めたから
という一連のフレーズが自キャラ二人の関係性にぶっ刺さりまくったマン

748以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 01:38:48.838ID:zd1RVLhp0
憎んでいるからじゃない

749以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 02:21:18.453ID:j68fOCjo0
「どうしてなのさ、こんなにふかふかのもちもちで美味しいのにさ?」
--僕はそのふかふかのもちもちと形容される腑抜けている食感が嫌いだからだ。別に他に理由なんてなくって、何も君の甘い飲み物の上に浮かんでいることが憎いわけじゃない。
そう、彼女がそのゼリーを固めたものが好きな理由で僕はその物体を嫌っているわけだ。
「つまり、私と君が違う人間だってことさ。よかったじゃないか。マシュマロが嫌いで。」

750以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 03:03:36.718ID:zd1RVLhp0
保守

751以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 03:24:35.796ID:bPb8P32w0
「魔術とは何かということを説明する前に、魔術の媒介となるマナについても説明しないといけないな」
「先生、質問です。魔法と魔術って違うんですか?」
「用いられるマナが違うだけで本質的には同一のものだ。ではマナについて説明しよう。
 マナとはあまねし世界の万物に存在するエネルギーのことだ」
「先生、それではよくわかりません」
「文字どおりの意味だ。人間にも存在するし、動物や草木にも存在する。地面や大気や水にも存在する。文字どおりの『万物』だ」
「つまり僕にもあるってことですかね?」
「当然だ、マナのない物体は存在しない。復唱したまえ」
「マナのない物体は存在しない」
「よろしい。では次に魔術とは何か。これはマナを用いて行使される技能のことだ」
「魔法は?」
「魔法は神のマナを用いて行使される技能のことだ。これは次に説明する。話を戻すがよいかな」
「はい、すみません。お願いします」
「行使とはマナを別のマナに変換して現象を発現させることだ。
 例えば石のマナを炎という現象へ変換したり。逆も可能だ。
 その変換に必要なものを式と呼ぶ」
「式」
「石を炎に、炎を石にという変換するための方程式だ。これも平たくいうと何でもいい」
「何でも?」
「そう、何でもよい。音声で呪文を唱えたり、文字に書いたり個々人で得意なことは違うだろう。そうして魔術を行使できるもののことを魔術士と呼ぶ」
「呪文を唱えることでマナを炎に変換するというプロセスなんですね」
「そのとおりだ。詠唱の代わりに地面に魔方陣を書いたり。本を持ち歩いてその本にマナを込めて発動させるものも実在する。
 技能次第では黙読も可能だ」

752以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 03:25:02.267ID:7hHDLi4J0
怖い夢見たから寝るのが恐ろしい

753以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/01/17(木) 03:25:55.005ID:bPb8P32w0
「無詠唱ってことですか」
「黙読だ。式を頭の中の思考で制御するというシンプルな方法だ。特殊なアイテムも要らないから時も場所も選ばない。
 無詠唱というのはどちらかというと身振り手振りやステップを式としたケースだな」
「す、ステップですか?あの踊りの?」
「さっきも言ったが、式は何でもいい。復唱したまえ」
「式はなんでもいい。何だか魔術のイメージが壊れるんですけど」
「ならば敵と相対したときに棒立ちで呪文を唱えて攻撃のぶつけ合いをするだけかな?むしろそのほうが不合理だろう。
 相手が同じような魔術士ならともかく、剣士なら接近して攻撃してくるし、それを避けながら詠唱できなくては話にならない」
「それは確かにそうかもしれませんけど……」
「魔術を行使できるといってもそれだけでは不十分なのだ。松明を持っていたとしてもライオンと取っ組み合いはできないだろう?」
「例えがわかりにくいです、先生」
「立ち振る舞い全てが魔術士にとっては必然なのだ」
「なるほどぉ……何となくわかりました」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています