勇者「魔王、貴様を倒す!」 俺「魔王? おい、そんなやついたか?」 大魔王「はっ、我が配下の一人におります」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:33:30.366ID:MqdCm5oh0
俺「ほう? せっかくここまで来たのだ。相手をしてやれ」

大魔王「はっ! 魔王! 俺様のご命令だ! そこの勇者の相手をしてやれ」

魔王「承知しました」

勇者(魔王を格下扱い……それも、直属ですらないとは……。俺……一体何者なんだ!?)


こういう展開はどう?

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:33:57.092ID:79flL6cV0
どうやってそっからセックスに持ち込むかが勝負

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:34:14.392ID:vhGsPZYSp
面白いから続けろ
完走しろ

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:34:20.732ID:Mt6asp/k0
勇者くん自問自答の末概念となる

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:34:48.450ID:BwO2lQ/v0
俺はコピーもできないのか!?

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:35:44.607ID:MqdCm5oh0
魔王「グフ……」

勇者「はぁ……っ! はぁ……っ」

俺「ほう……思ったよりやるではないか!」

大魔王「さようで」

勇者(なんとか魔王は倒したものの、もう力は残ってない……ここまでか……)

俺「さて」

勇者「…!」 ビクッ

俺「気が済んだらのならさっさと立ち去るのが良いだろう。ここより先はさきほどお前が相手をした……魔王、だったか。そのような優しい相手はおらんのでな……」

勇者「あ……ああ………わかった…………」

勇者(俺の力が万全であったのなら…………)

勇者(いや……そのようなごまかしができないほど、隔絶した力の差がある……)


こういうのって大魔王ゾーマが初めてなんか?

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:37:06.996ID:ULpc2pVF0
大勇者「魔王、貴様を倒す!」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:39:53.282ID:MqdCm5oh0
王「勇者よ! 魔王打倒、大義であった!!」

勇者「……はっ」

王「なんじゃ? 大役を果たしたというのに、覇気がないのう」

勇者「そんなことは……」

王「そうじゃ! 姫もおぬしの凱旋を心待ちにしておってのう! 宴では旅の話を聞かせてやってくれ」

勇者「わかりました」

王「それまでしばし休んで疲れをとるがよいぞ」

勇者「はっ、失礼します」

閲兵「勇者殿、ご退室!」

バタン……

勇者「……」

勇者「畜生……」

勇者「ちくしょーーーーーー!!!」


自分だけが、世界の不安定さを知っているみたいな展開って、どう?

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:41:04.076ID:9twVQrHap
いいじゃん
続けろよ

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:44:44.786ID:MqdCm5oh0
勇者「ウ〜〜〜〜」ヒック……

コンコン

王女「あの、勇者さま……」

勇者「……出てけ」

王女「父上も、皆様も勇者さまのお姿が見えないと
ガシャン!!

勇者「出てけって言ってるだろ!!」

王女「……は…い…………」

バタン

勇者「……チッ」

ゴクゴク……

勇者「俺……畜生……あんなヤツ相手に俺にどうしろっていうんだよ……」


隔絶した力を前に、完全に心が折れないと勇者じゃないってイメージあるよね

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:45:07.976ID:sX+0ASDa0
これで映画1つ作れる
監督ハンバアアアアアアアアアアアアアアアアグ!

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:50:17.606ID:PlIGTooc0
支援

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 00:53:04.634ID:WjWmJG150
最初よく御前まで行けたな
みんなご飯中?

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/03(水) 01:01:37.108ID:9twVQrHap
俺は何者なんだ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています