レポーター「テロリストと戦っている謎の少年がいます!」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:21:11.459ID:F5JaEAYt0
おまえら1「あれ、俺じゃね?」

おまえら2「なんで俺があんな奴相手に」

おまえら1「普段目立たない俺があの凶悪なテロリスト相手に戦っているなんて!!」

おまえら2「いつもはバカにしている俺がなんで!?」

女1「俺君……、かっこよくね!? 頑張って!」

女2「いけー!! 俺―――!!!」

美少女「俺君……やっぱり強かったんだ……」


テレビのレポーター『大事件を起こして自衛隊を退けたテロリストを相手に戦っているあの少年は一体誰なのでしょうか?』

テレビの向こうの俺『うぉぉぉぉぉぉぉぉ――――――――!!!!!!!』

テレビの向こうのテロリスト『ぐわぁぁぁぁぁ―――――――!!!!!』

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:22:33.176ID:JQ0wkRw2M
\  
   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `'ー '´
       ○
         O
                ,. -‐- 、
               , '´(°)   ヽ
             /⌒ヽ. (°) i と思うキョロちゃんであった
              , '     i  ,,,  l
           /     / }_    ,ノi
           ,'    , ' ,_'   ̄ ̄  }
          ;   , ' , ':::|_  i   ;:::l
          l  /,.イ::::l:::::ヽ l |‐':::;'
          {_r'ィ´ l:::l:::::l:::ヽレ':;'::;'
                 l:::::l::l::::;'::::;::'
                〉、::;;;;:::ィ´
               オ   卞

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:22:43.391ID:ohuYs9YI0
レポーター

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:22:57.768ID:2vKgU6dw0
大事件を起こして自衛隊を退けた
頭の悪さが滲み出てるな

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:23:05.908ID:Pq6PINVC0
コメンテーター「やっぱり子供を自由にし過ぎると危ない」

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:23:31.625ID:wR/HIWn60
おまえら1「あれ、俺じゃね?」

おまえら2「なんで俺があんな奴相手に」

おまえら1「普段目立たない俺があの凶悪なテロリスト相手に戦っているなんて!!」

おまえら2「いつもはバカにしている俺がなんで!?」

女1「俺君……、かっこよくね!? 頑張って!」

女2「いけー!! 俺―――!!!」

美少女「俺君……やっぱり強かったんだ……」


テレビのレポーター『大事件を起こして自衛隊を退けたテロリストを相手に戦っているあの少年は一体誰なのでしょうか?』

テレビの向こうのテロリスト『うぉぉぉぉぉぉぉぉ――――――――!!!!!!!』

テレビの向こうの俺『ぐわぁぁぁぁぁ―――――――!!!!!』

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:24:10.189ID:Lc9ch52Q0
俺君 ← なにこれ

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:24:33.147ID:YgUh6H9f0
中二の時そういう妄想するよな

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:25:18.612ID:VEGirhHZa
なんかわろた

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:25:36.876ID:p6ltENF8M
謎定期

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:25:37.911ID:8gSKn9Ng0
戦っているをオナっているにすると自然になる

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:25:51.484ID:kSoR0Qdga
おまえら1「あれ、俺じゃね?」

おまえら2「なんで俺があんな奴相手に」

おまえら1「普段目立たない俺があの凶悪なテロリスト相手に戦っているなんて!!」

おまえら2「いつもはバカにしている俺がなんで!?」

女1「俺君……、かっこよくね!? 頑張って!」

女2「いけー!! 俺―――!!!」

美少女「俺君……やっぱり強かったんだ……」


テレビのレポーター『大事件を起こして自衛隊を退けたテロリストを相手に戦っているあの少年は一体誰なのでしょうか?』

テレビの向こうのテロリスト『うぉぉぉぉぉぉぉぉ――――――――!!!!!!!』

テレビの向こうの俺『ぐわぁぁぁぁぁ―――――――!!!!!』

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:27:11.554ID:80cg7Xba0
なんかGANTZの最後思い出した

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:31:22.672ID:F5JaEAYt0
不良1「おい、こいつ本当に俺かよ? 俺前にあいつのこと殴っちまったよ」

不良2「ああ、俺たちまずくね?」


イケメン「目立たない俺がなんで……?」

イケメン彼女「俺くん……格好悪いと思ってたけど……凄い!」

イケメン「イケメン彼女……あいつなんて大したことねーよ、俺でもやろうと思えばできるし」

イケメン彼女『なにこいつ格好わる……俺を彼氏にできたらこいつ切ってやろ』


キョロ充1「必死になってバカみてぇ」

キョロ充2「怪我してんじゃん、格好わる!!」

リア充「あいつ……やるじゃん」

キョロ充1「! 俺、そこだ!!」

キョロ充2「いてまえコラ!」

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:33:50.532ID:F5JaEAYt0
マネージャー「早く逃げるわよ!」

アイドル「…………収録してください」

ディレクター「え!? こんな時に撮影なんかしている場合じゃないだろ!!」

アイドル「こんな時だからです。もう少ししたら平穏な日常に戻るんだから……だから、お願いします!」

ディレクター「……わかった」

マネージャー「アイドルさん…………本物になったのね……」

アイドル『俺くん……私の戦場はここだよ』

ディレクター「それじゃあ準備して」

アイドル『そういえば、初めて私のファンになってくれたのは、俺くんだったね』

メイクアップアーティスト「準備できました」

アイドル『俺くんが歌を褒めてくれたから、こうしてアイドルになったんだよ』

カメラ「スリーツー…………」カツン

アイドル『俺くん……わたし、俺くんのために歌います!』

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:39:08.994ID:F5JaEAYt0
総理「この少年は何者だね?」

官房長官「現在調査中です」

総理「分かりしだい報告してくれたまえ」

官房長官「はっ」

総理「この少年に美味しい餌をちらつかせて我が陣営に取り込めれば我が政権にとって有利な条件に……」

総理の孫娘「お祖父様、この方はそのようなものに惑わされはしないでしょう……」

総理「孫娘!? おまえはこいつを知っているのか!?」

総理の孫娘「あの時の事件で助けてくれた方です」

総理「あの時の!? …………そうか、…………そうだったのか」

総理の孫娘「はい」

レポーター『おおっと!! 謎の少年がまた一人倒したぞ!』

テレビの向こうの俺『はぁっ……はぁっ……』

総理「……………………頑張れ……、頑張ってくれ」

総理の孫娘「お祖父様……」

総理の孫娘『俺さん……生きて帰ってきて……』

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:40:32.359ID:F5JaEAYt0
レポーター『さらに銃撃を躱して倒しました! それにしてもあの少年はいったい何者なのでしょうか!?』

幼女「あ! あのときのお兄ちゃんだ!!」

幼女の母「幼女……この子って、迷子になった幼女を連れて来てくれた人よね?」

幼女「うん! アイスクリームくれて、肩車してくれたよ!」

幼女の母「良かったわね……、そんなお兄ちゃんが私達を守るために戦ってるのね……」

幼女「うん……お兄ちゃん、大丈夫かなぁ……」

幼女の母「心配ね……。幼女ちゃん、お兄ちゃんが怪我しないよう一緒にお祈りしよっか」

幼女「うん!!」

幼女『お兄ちゃん……けがをしませんように……』

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:44:05.158ID:2c2NRkTh0
なんか中学生の妄想見てるみたいで楽しい

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:44:37.064ID:F5JaEAYt0
合衆国大統領「それで、軍はどうなっているのだね?」

国防総省長官「特殊部隊を展開していますが、まだ時間がかかります」

合衆国大統領「結局、この少年の手に世界の命運は委ねられたわけか……」

国防総省長官「そうですな……」


レポーター『核ミサイルの発射時間が刻一刻と迫っています! 果たしてあの少年は間に合わせることができるのでしょうか!?』


合衆国大統領「日本に大きな借りを作ってしまうこなるやもしれんな」

国防総省長官「おや? 大統領はたしか、この少年とお知り合いでは?」

合衆国大統領「直接ではないよ。娘がその昔、助けられたことがあってな」

国防総省長官「大統領のご令嬢はたしか、飛び級で大学院生におなりになったとか」

合衆国大統領「そうだ。あの日以来、この少年に釣り合うようになるんだって、張り切っていてな」

国防総省長官「それは父上としては気が気じゃないのでは?」

合衆国大統領「まったくだよ、ハハハ……」


レポーター『今、少年が軍の施設に入っていきます!! 間に合うか!!』


合衆国大統領「少年……娘を泣かせたらステイツが相手だぞ…………だから、帰って来い…………」

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:45:57.580ID:wj6ma7Ag0
うーん
自由帳でやれとしか

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:46:29.172ID:F5JaEAYt0
恩師「え――であるからして〜〜」

生徒1「先生! 授業なんかしている場合じゃねーだろ!!」

恩師「なら、何をする時間ですか?」

生徒2「そりゃ、逃げないといけないだろ」

恩師「核ミサイルが何千発も発射されては、どこに逃げても同じです」

生徒1「じゃあどうしろってんだよ」

恩師「勉強しなさい」

生徒3「そんなことしたって、もうどうにもならないじゃないか……」

恩師「どうにかなりますよ」

生徒1「先生はなんでそんなことが言えるんだよ」

恩師「今、あなた達のために必死に戦っている人がいます」

   生徒達「「「!!!!!」」」」」

恩師「絶対に彼は勝ちます。その時のためにも、今君たちにできることは学ぶことです」

生徒1「先生……わかったよ、俺、授業うけるよ」

生徒4「わたしも!」

恩師「では授業を再開します」

恩師『俺くん……信じていますよ。それにしても、立派になりましたね』

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:48:35.351ID:F5JaEAYt0
ワンセグ音声『現在、軍事施設を占拠中のテロリストとたった一人の少年が交戦中……』

いじめられっ子「……」

不良1「お、いたいたwww」

不良2「どうせ世界が終わるんだ。思い出にまたボコらせろや」

いじめられっ子「……俺くん」

不良1「おい、聞いてんのか!?」

いじめられっ子「…………俺くん、頑張れ」

不良2「おい」

バキッ!!

いじめられっ子「うるさいな!! 今大事なところなんだ!!!!」

不良2「……っって――――!!」

不良1「てめぇ! 殴りやがったな!!」

いじめられっ子「それがどうした!!」

バキッ!!!

不良1「……っつ!! もうゆるさねぇ!!」

いじめられっ子「うおおおおぉぉぉぉぉぉ―――――っっ!!!」


不良2「てぇ……痛ぇよぉ…………」

不良1「不良2……一人で逃げんな!!」

いじめられっ子「はぁっ……はぁっ…………」

不良1「…………チッ!てめぇ覚えてろよ!!!」

いじめられっ子「……なんだ、俺くんの言ってたとおり、たいして強くないじゃん」


ワンセグ音声『少年が軍事施設に侵入後、時折銃声が聞こえてきます……』


いじめられっ子「俺くん、約束したとおり、僕は戦って、そして勝ったよ…………」

いじめられっ子「だから、俺くん、僕のことを友達だって言うなら、俺くんも絶対に勝て!!!」

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:48:44.144ID:kSoR0Qdga
おまえら1「あれ、また俺じゃね?」

おまえら2「なんでまた俺があんな奴相手に」

おまえら1「普段目立たない俺があの凶悪なテロリスト相手にまた戦っているなんて!!」

おまえら2「いつもはバカにしている俺がなんでまた!?」

女1「俺君……、かっこよくね!? また頑張って!」

女2「またいけー!! 俺―――!!!」

美少女「俺君……やっぱり強かったんだ……」


テレビのレポーター『大事件を起こして自衛隊を退けたテロリストを相手にまた戦っているあの少年は一体誰なのでしょうか?』

テレビの向こうのテロリスト『うぉぉぉぉぉぉぉぉ――――――――!!!!!!!』

テレビの向こうの俺『またぐわぁぁぁぁぁ―――――――!!!!!』

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:50:12.089ID:VEGirhHZa
なんで続いてんだよしね

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:51:56.307ID:MvuY5vu00
おまえら1「あれ、俺じゃね?」

おまえら2「え?そんな奴いたっけ?」

おまえら1「ほら入学早々イジメられてすぐ来なくなった奴」

おまえら2「そう言われればいたような、全然覚えてねーわ」

女1「あー、なんかいたね、気持ち悪いのが」

女2「えーそんな人いたー?」

美少女「いたわよ、なんかコッチをジッと見てて睨むと目をそらす不気味な奴」

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:53:22.288ID:lhy/n4sK0
ってなんで俺君が!?

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:57:23.849ID:kSoR0Qdga
恩師「え――であるからして〜〜」

生徒1「先生! 授業なんかしている場合じゃねーだろ!!」

恩師「なら、何をする時間ですか?」

生徒2「そりゃ、逃げないといけないだろ」

恩師「核ミサイルが何千発も発射されては、どこに逃げても同じです」

生徒1「じゃあどうしろってんだよ」

恩師「勉強しなさい」

生徒3「そんなことしたって、もうどうにもならないじゃないか……」

恩師「どうにかなりますよ」

生徒1「先生はなんでそんなことが言えるんだよ」

恩師「今、あなた達のために必死に戦っている人がいます」

   生徒達「「「!!!!!」」」」」

恩師「絶対に彼は勝ちます。その時のためにも、今君たちにできることは学ぶことです」

生徒1「先生……わかったよ、俺、授業うけるよ」

生徒4「わたしも!」

恩師「では授業を再開します」

恩師『俺くん……信じていますよ。それにしても、立派なちんこになりましたね』

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/02(火) 23:59:05.888ID:iXVje6/k0
なんか天下一武道会で超サイヤ人になった悟飯を思い出した

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています