淫魔♀「わ、おにーさん強そう♡」童貞俺「サキュバス討伐隊に選ばれ、勇者と呼ばれたこの俺が淫魔などに負けるはずがないな」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:31:50.320ID:RGwzIZJ20

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:34:28.557ID:RGwzIZJ20
あらすじ
童貞ニート俺君がサキュバス討伐隊の勧誘を受ける

首都向かう途中でなんか女の子助けた

なんか本人もびっくりなパワーで数多の魔物倒してたら勇者扱いされてった

どうせだから首都騎士団の本隊にも入りエリートの道へ

下級淫魔♀に情けなく足で射精させられて無様に敗北

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:35:52.588ID:RGwzIZJ20
-首都騎士団-

俺「……」トボトボ

女騎士「…君か。首尾はどうだった?淫魔を見つけることは出来たか?」

俺「……」

女騎士「どうした?報告をしてほしいのだが」

俺「……」

女騎士「おい、どうした?」

俺「……」ガクガク

女騎士「…震えているぞ?おい、大丈夫か?」

俺「…あっ、いや――」

俺「あ、あの、発見はしたんですけど、その」

俺「逃げられてしまって」

女騎士「…そうか、相手は計算高い種族だ。この程度は想定の範囲内だから、失敗を気に病む必要はない」

俺「……」

女騎士「どうやら君は疲労が溜まっているようだな。今日はもうゆっくりと休むといい」

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:38:06.914ID:RGwzIZJ20
-家-

女の子「あ、勇者様おかえりなさい」

俺「……」

女の子「…勇者様?」

俺「……」

俺「…ごめん」

女の子「勇者様?どうかしたんですか?顔が真っ青ですけど…」

俺「い、いや…なんでもないんだ。ただ疲れて…疲れてるだけなんだ。すまない」

俺「もう休むよ…」フラフラ

女の子「勇者様…」

女の子「……」

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:39:17.737ID:RGwzIZJ20
俺「ま、負けた…終わりだ、もう…!」

俺「い、いや…!」

俺「勝てばいいんだ…!勝って全て、帳消しに…!」

俺「…勝つんだ。勝てばそれで、報われるんだ…」

俺「負けなければ、それで…」

俺「お、俺はもう絶対負けない…負けたくない…負けたくない…」

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:40:52.145ID:RGwzIZJ20
-首都騎士団-

俺「…どういうことですか!?」

女騎士「君の淫魔を討伐したいという気持ちは汲もう。だがすぐには無理なのだ、しばらく待ってもらおう」

俺「だからそれは…何故ですか」

女騎士「忘れたのか?間もなく東方遠征が控えている。君にも参加してもらう手筈になっていただろう?」

女騎士「騎士団にとって君の戦力は大きな存在だ。こちらでもその力を振って貰わねばならない」

俺「でも…!」

俺「…じゃあ、遠征までにはまだ時間がありますよね?その間でいいですから…」

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:43:02.006ID:RGwzIZJ20
女騎士「…いや、ダメだな」

女騎士「どうやら君は憔悴しているようだ。いや、焦っているのか?」

女騎士「いずれにせよ、来る遠征で君に活躍してもらう必要がある以上、不調では困るのだ。君には休息を命じる」

俺「い、いえ、大丈夫です!大丈夫なんです!だから…!」

女騎士「これは命令だ。いいか?上官の命令は絶対ということ、肝に銘じておけ」

女騎士「それに、何をそう急ぐ必要がある?心配するな、淫魔は無数にいるのだから」

女騎士「君が役立つときは必ず来る。だから、今は自分のことを労わっておけ」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:44:17.239ID:RGwzIZJ20
-森-

俺「……」

俺「俺は…おれはやれるんだ。俺は勇者なんだ!」

俺「勝てばいいんだ。女騎士さんだって、俺が戦果を挙げれば命令違反だって許してくれるはずだ…」

俺「俺は負けない…だから大丈夫だ」

俺「今度こそあの淫魔を倒して、俺はみんなに称えられるんだ。それで全てがチャラに…」

ガサガサ

淫魔♀「あれ?昨日のおにーさん?」

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:56:10.502ID:RGwzIZJ20
淫魔♀「どうしてこんなところにいるの?おにーさんみたいな弱い人には危険だよ、ここ♡」

俺「うるさい!今度こそ俺はお前を倒してやる!」

淫魔♀「あー♡リベンジ?」

淫魔♀「やめといた方がいいと思うけどなぁ♡何もしなければ、わたしもおにーさんのこと見逃してあげるし♡」

俺「黙れ!前は汚い手に引っかけられたが、今の俺に油断はない!」シャキッ

淫魔♀「…剣を抜いたね。本当にわたしを殺す気?」

俺「俺はもう負けない…」

俺「死ねぇっ!」ブゥン!

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 16:58:57.398ID:gPXzee4H0
なろうでやれ

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 17:17:50.752ID:RGwzIZJ20
ガキィンッ!

俺「なっ!?」

淫魔♀「そんななまくらじゃ、さすがにわたしは倒せないよー♡」

俺「傷一つついていない…!ど、どうして…!」

俺「鋼鉄の硬度を持った魔物を両断してきた俺の剣が、どうして淫魔には通じないんだ!?」

淫魔♀「ほら、そんな危ないものは要らないよね?♡」パシッ

俺「あっ!剣が!か、返せ!」

淫魔♀「そーれ♡」ポイッ

俺「くそっ!」

俺「い、いや、剣がなくとも腕力でこんな小娘に負けるはずがない――このまま格闘戦で仕留める!」

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 17:26:44.177ID:RGwzIZJ20
俺「てぇい!」ガシッ

淫魔♀「ふーん♡おにーさん、諦めが悪いんだね♡」

俺(このまま引き倒してとどめを刺す!)グッ

淫魔♀「でも、無駄なあがきだよ♡」グイッ

俺「え?」フワッ

淫魔♀「それ♡」ガッ

俺「ぐあっ!」ドスン

淫魔♀「あはは♡おにーさん、自分より小さな女の子に押し倒されちゃうなんて、力よわーい♡」

淫魔♀「やっぱりおにーさん、勇者なんかじゃないでしょ?♡」

俺「ぐっ…くそぉ…!」

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 17:38:11.820ID:RGwzIZJ20
俺「くそ…!岩をも持ち上げられる力のあった俺が、どうしてこんな弱い淫魔なんかに…!」

俺「ちくしょう!離せ!離せっ!」ジタバタ

淫魔♀「あー、あんまり暴れられても困るかなぁ…♡」

俺「俺の上からどけっ!この淫魔め!」ドタバタ

淫魔♀「うるさいなぁ♡おにーさんのお口、塞いじゃうね♡」ムチュッ

俺「!?」

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 18:31:43.605ID:RGwzIZJ20
淫魔♀「ちゅぷっ♡れろぉ…♡」

俺「……!」

淫魔♀「ちゅ♡ちゅっ♡ぬちゅぅ♡」

淫魔♀「はむっ…♡」

淫魔♀「んっ♡んむっ…♡ちゅぅ♡」

淫魔♀「じゅるっ♡れろ♡ぇろぉ♡」

淫魔♀「…ぷはぁ♡」

淫魔♀「どう?目を使わなくても、こうやってキスすることでおにーさんの動きを封じることも出来るんだよ♡」

淫魔♀「粘膜を直接淫魔の唾液でべとべとにされて…♡こっちの方が効果は一瞬で出るんだよ♡」

淫魔♀「おにーさん元気だったのに、また身動き出来なくなっちゃったねー♡」

淫魔♀「あれ…♡」

淫魔♀「でも、こっちの方はまだ全然やる気まんまんみたいだね…♡」サワサワ

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 19:09:22.498ID:34dIzdRC0
もういいよ

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 19:50:26.650ID:wHDMtqWoa
よくないよ

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/20(月) 20:39:06.976ID:RGwzIZJ20
一旦やめてひとまとめにしてやることにするわ…

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています