ショートショートの導入部の途中までだけ書いたんだけど意見ください

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/03(金) 03:02:05.988ID:LuqhiN370
ぼくから離れた居間の対角にお父さんがいる。
食事を終えたお姉ちゃんは食器を台所に持っていこうとするけどお父さんに呼びかけられて廊下へでた
しばらくしてお姉ちゃんはテストの答案を持ってお父さんのところへ戻った。
お父さんが喜んでいる。
「優香はまた100点をとったのか!偉いなあ!」
お姉ちゃんが返す。
「ありがとうお父さん」
お母さんも喜んでいる。
「優香は中学に入ってからいつも百点ねー!お母さんは優香が将来どんな大人になるのか今から楽しみ!」
お父さんが続いて、
「そうだ、優香、何か勉強に必要な物があればなんでもいいなさい。ノートが無くなったら買うし静かな場所が要るなら用意する。そうだ!新しい部屋を用意しよう!」
お母さんも続いて、
「そうね、今のままじゃ悠人が邪魔で勉強に集中できないでしょう。新しい部屋を用意しなくちゃ」
お姉ちゃんが返す。
「ありがとう。でも今のままで大丈夫よ。あまりお父さんやお母さんには迷惑はかけたくないわ」
お母さんが返して、
「遠慮なんて要らないのよ?私達はあなたに集中して勉強に取り組んでもらって将来悔いを残さないようにしてもらえれば幸せなのよ?」
お姉ちゃんが返す。
「ありがとう。でも本当に大丈夫なのよ?悠人は私の勉強の邪魔はしないしいつもおとなしいもの」
この調子でソファーに座る3人の会話はいつまでも続いた。それを遠くで眺めていたぼくは食事を終え自分の分の食器を台所に持っていって洗いにかかる。
蛇口からでる「ジャー」という音にかき消えることなくまだ3人の楽しそうな声が聞こえる。テンションが高い。話し方がマンガみたい。
ぼくは洗い終えた食器の水気を完全に拭き取り食器棚へ返すと自室へと向かった。

自分の部屋に戻るといつものようにぼくの学習机に山積みされていた教科書の一つ一つに「3-2 小池悠人」と書いていた。
隣の学習机には=の右に式があったりxとかyとか変なものの入った難しそうな解きかけの算数の問題があるけど他は綺麗だった。
ぼくだって物知りだ。難しい言葉は知ってるし。でもなぜかお父さんもお母さんもお姉ちゃんしか褒めない。
でも気にしてるわけではない。お姉ちゃんはきれいで頭もいいし褒められて当たり前だ。
ぼくはお姉ちゃんと名前は似てるけどテストで100点なんて取れないし2年生のころは九九がわからなくて何日も居残りさせられたこともある。
褒められなくて当たり前だ。
ドアの開く音がした。お姉ちゃんが帰ってきた。
「ただいま、悠人」
「......おかえり」
「ねえ悠人、また皿洗いしたの?」
「うん」
「そう…自分の分の家事は食事以外全部やらせるなんてお父さんもお母さんも私にはしなかったのに…」「洗濯するときはお姉ちゃんを呼びなさい。手伝うわ」
「...わかった」
「悠人、」



正直小3でこの語りは大人っぽすぎるとも思うけど読みやすさを考えるとどうすべきかわからない
そのことについてでも他のことについてでも何か意見がほしいです

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/03(金) 03:06:14.321ID:n8DVehyw0
長いな

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/03(金) 03:07:25.587ID:LuqhiN370
>>2
ごめん

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています