敵キャラ「くそぉおおおお! こうなったら俺の真の力を見せてやる!!!!!!」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 14:38:44.627ID:qf3xRWLK0
主人公「真の力だって!?」

敵キャラ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

仲間「いったい、何が起きるってんだ!!!」

敵キャラ「キタキタキタキタキタキタキタキタきたああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ヒロイン「いったい何が起こっていると言うの!?」

敵キャラ「これが俺の真の力だあああああああああああああああ!!!!!!!」

主人公「!?」

シーン……

敵キャラ(無変化)「……さぁ、かかってこい。滅び行く者たちよ」

主人公「な、なにが起こったんだ……!」

仲間「く、くそおおおおおお!!」

主人公「待て仲間! うかつに――」

敵キャラ(無変化)「――うかつに動いていいのかね?」指突きつけ

仲間「!?」ビクゥッ

ヒロイン「そんな……いったいどうすればいいの……!?」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 14:39:11.894ID:qf3xRWLK0
ヒロイン「とにかく……炎じゅも――」

敵キャラ(無変化)「おっと……それは効かんよ嬢ちゃん」チッチッ

主人公「やめろヒロイン! 敵う相手じゃない!」

ヒロイン「そ、そんな……」

敵キャラ(無変化)「どうした坊や。臆したか?」

主人公「ぐぅっ……!」

仲間「そんな……俺たちでは傷一つつけられないってのか!」

敵キャラ(無変化)「無意味、だな、武器を痛めるだけだ。それより君たちに提案がある」

主人公「提案……だと!?」

敵キャラ(無変化)「私は君たちが気に入った。ここで滅ぼすのは惜しい存在だ。才能がありこれからも成長できる」

敵キャラ(無変化)「いくら本気を出した私とて身体は一つしかない。ここで時間を潰してはいられん。私には他にやることがある」

敵キャラ(無変化)「ここは休戦にしよう。次会うときまでに私に傷がつけられるようにしておくんだな」

主人公「……わかった! ここは一旦引くぞ!」

仲間「くそっ、今度は必ず倒してやる!」

ヒロイン「ま、待ってよ二人とも!」


敵キャラ「あー助かった」

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 14:39:58.069ID:dWyaWgx+0
キングさんかな

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています