ガンダニウム合金でガンダム3台ぐらい作れよ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:12:25.007ID:HHzwdPxhr
ジムとかいらんやろ

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:12:51.090ID:4+ovbhH4r
作ったんだが?

3保守的臆病者 ◆fZt4SQMb.g 2018/07/27(金) 07:13:11.834ID:DRITSd2rd
3機どころじゃないぞ

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:13:38.879ID:IQ39R0KCd
ボール量産が最強なんだよね

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:14:20.036ID:3NtqjyP90
今はガンダム8号機まで存在するんだっけ

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:17:31.228ID:KMrDb7+Ba
見ろよボールのあの大砲をよ
あんなもんぶち込まれたらゲルググだって風穴開いちまう
そんなもんが1000も2000も並んでるんだ
かなうわきゃねえ

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:20:02.126ID:qziSJACea
>>5
ggってきたがそうみたい




概要

その発祥

初出は『ガンダムセンチュリー』だと言われている。小説版『機動戦士ガンダム』の時点でガンダムが複数生産された設定は存在していたが、『センチュリー』で8機存在したことになった。

ただし、この時点で4号機以降の設定は書かれていない。ここに書かれたのは、RX-78のプロトタイプの8機のうち2機がルナツーに運ばれ改造され「ガンダム」の愛称を与えられたという説明であり、残り6機がどうなったかは未設定。
厳密には6機が「ガンダム」になったかどうかさえ定かでない。

ジムに改造された?

4〜8号機について初めて説明が出たのは、『MSV』シリーズのプラモデル『1/144 プロトタイプガンダム』説明書らしい。

この説明書の書き方がややこしいのだが、まとめると

1〜3号機はサイド7に運ばれた。
4〜8号機は初期試作型であり、中間武装型や後期試作型(3号機仕様)と区別される
この部分、説明書の文章自体の解釈が分かれているようである。4〜8号機自体が初期試作型、中間武装型、後期試作型の3種類に分かれる、という解釈もあるんだとか。
だが元ネタのセンチュリーに沿うなら「4〜8号機は改装されずRX-78初期試作型のままだった」と解釈するほうが自然な気がする。
これら(4〜8号機のことと思われる)は素体のままRGM-79の母体となった。
改修中の4〜5号機は、星一号作戦でホワイトベース級「サラブレッド」に搭載されたらしい?
6〜8号機の参戦記録は残されていないという。
これらの設定は読み方からして議論の対象にしかならないのだが、ここで重要なのは4〜8号機の全てがジムの母体になったという設定である。
ただし「母体」というのがどういう状態かはわからない。

8号機について判明しているのはこれで全てである。


後略

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/27(金) 07:23:04.623ID:fMTeVm0dr
盾だけでもガンダニウムにしてやれよ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています