殿のおな〜にぃ〜ハハァ-

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/26(木) 22:10:31.533ID:qkYT3b1l0
一、まず、沐浴を行い、身を清めます。

二、種散之儀用の礼服(股の開いた袴)を着用します。

三、裸体の描かれた屏風を用意します。

四、懐紙を載せた四方を、その前に置きます。

五、四方の前に座し、右手で御棒を握ります。左手は、膝の横に置きます。

六、屏風の絵を鑑賞しながら、右手を前後に動かし、御棒を摩擦いたします。

七、散(ちらし)の気配があれば、四方の懐紙を左手に取り、御棒の前を軽く押さえます。

八、心の天にいたるときも、種はこぼしあそばぬよう、懐紙で受け止めます。

九、「よい」と合図いたしますと、侍女が部屋に入ります。

十、侍女の「お相手は如何なされました」の言葉には、「もう帰られた」と答えます。

十一、屏風に一礼し、座したまま三歩さがります。

十二、立ち上がり、もう一礼して、十六歩で部屋を出、儀を終えます。

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/26(木) 22:14:34.100ID:PK2zxMD40
児女でやれよ定期

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています