入鹿「なんだこの生き物は」 イルカ「イルカだよ」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:18:19.669ID:UUkNOfQt0
入鹿「むむ。見たことも聞いたこともない。しかも人語を操るときたか。精霊の類か、物の怪の類か……」

イルカ「イルカだって言ってんだろ。うさぎやたぬきと変わらねえよ」

入鹿「……」

イルカ「おい?」

入鹿「……かわいいな」

イルカ「は?」

入鹿「何者かはわからぬが、かわいい者に悪はいない。物の怪ではなさそうだな」

イルカ「だからイル……まあ、いいか。あとあんた、その考えだとすぐ騙されるぞ」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:21:32.280ID:UUkNOfQt0
入鹿「で、そのイルカとやらが何の用だ」

イルカ「いや、用っていうか。あんたが話しかけたんじゃんか」

入鹿「そうだったか。まあ、細かいことは良いだろう」

イルカ「で、あんたはこんなところで何してるんだ?」

入鹿「近いうち大陸から客人が来るのでな。その準備といったところだ」

イルカ「ふーん。大変そうだな」

入鹿「なに、大変な部分は部下がやってくれるさ」

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:21:52.667ID:TuP0l1glM
今春が来て君はきれいになった〜

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:23:58.971ID:Hoaq+t+00
キュッキュッキュッ!キュッキュキュッキュ!
蘇我入鹿そこにいるか?

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:25:24.373ID:UUkNOfQt0
イルカ「ほう、するとあんたは身分が高いんだな」

入鹿「この格好を見てわからんかね」

イルカ「あいにくと人間の文化にはあまり詳しくないんだ」

入鹿「そうか。どれ、暇なら案内でもしてやろうか」

イルカ「あんたが暇なだけだろ。それに、この姿で陸に上がれると思うか?」

入鹿「初めて見るのだ。それは聞いてみなければ分からん」

イルカ「ま、それもそうだ。ただ人間の話にも興味はある」

入鹿「そうか、では後でお主の話も聞かせてくれよ」

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:31:00.919ID:UUkNOfQt0
イルカ「へえ、倭の国は今そんな風になってるのか」

入鹿「昔を知っているような口ぶりだな」

イルカ「まあ、ほんの何百年か前に、ある女と知り合ってな」

入鹿「そうか。ずいぶんと長生きなんだな」

イルカ「全く自分でもそう思うよ。ま、イルカもいろいろ大変なんだよ」

入鹿「で、その女はどうした」

イルカ「どうしたって?」

入鹿「知り合って、そのあとどうなったんだ」

イルカ「いろいろ忙しくやってたみたいだからな、二度三度会ってそれきりだ。なに、人っていうのは一度でも当たったことのある占いは信じるものさ」

入鹿「なんの話だかさっぱりだな」

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:33:20.951ID:UUkNOfQt0
イルカ「それはそうと、あんた客人を迎える準備をするんじゃないのか」

入鹿「さっきも言ったが、私は特にこれといって仕事もないでな。細かい事は優秀な部下たちがやってくれているよ」

イルカ「……そうか」

入鹿「どうした」

イルカ「いや、なんでもない。人っていうのも大変そうだと思ってな」

入鹿「ああ、私は大変じゃないがな。で、お主の話も聞かせてくれるんじゃなかったか」

イルカ「ああ、そんなことも言ったな。まあ、少しならいいだろう」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:37:30.509ID:UUkNOfQt0
イルカ「俺の住む国はいまちょっとした危機でな、まあ、戦争だよ」

入鹿「なんと。お主は一人ではないのか」

イルカ「まあ、そりゃな」

入鹿「ふむ。それで?」

イルカ「俺はしがない調査員なんだが、今は戦争に利用するために地上の地理を詳しく調べさせられている途中ってところだ」

入鹿「重要な職ではないか。勝てる見込みはあるのか?」

イルカ「どうだろうね。もはや泳兵をぶつけるだけの戦争の時代は終わったからな」

入鹿「?」

イルカ「まあそのへんはいいだろう。とにかく、俺は仕事をサボってる最中ってところだな」

入鹿「いいのか、それは」

イルカ「よくはねえけど、いいんじゃないかな」

入鹿「そんなものか」

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:40:55.421ID:UUkNOfQt0
部下「入鹿様。準備が整いました」

入鹿「今行く」

イルカ「仕事か?」

入鹿「ああ。では少し、客人を迎えてくるとしようか」

イルカ「ここでやるのか?」

入鹿「少し離れているが、まあそうだ。面白いものでもないと思うが、姿さえ見せなければ見ていてもよい」

イルカ「ああ、そうさせてもらうよ」

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/11(水) 00:42:12.537ID:UUkNOfQt0
イルカ「秋田」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています