小説の冒頭のせたら添削してくれる?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:36:20.444ID:grBJEKna0
くれる?

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:36:50.564ID:WylEJpKia
はよ

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:37:31.302ID:uvi0tTlx0
いいよ

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:41:01.907ID:grBJEKna0
まだ書きかけだけど、ミステリ―小説『名探偵の弟』

 12月24日。
 改造された冬の空は、アキラの顔を深くマフラーに忍ばせた。赤く冷えた鼻をひんやりと凍てつく風から守るために。吐く息がマフラーを反芻して少し暖かくなる。

。カイロとして買った無糖のホットコーヒーは、いつのまにかポケットで氷嚢と化していた。
 相模大野前の喫煙所。駅にはショッピングモールが併設されており、日曜日ということもあって、家族連れやカップルが楽しそうに買い物をしている。
 アキラは嫌がる手を震わせながら、右ポケットから煙草を取り出した。お気に入りのマルボロトロピカル。同じ種類の煙草を吸っている人間を見たことないくらいには、珍しい種類だった。
 煙草の先端に包まれたカプセルをかみ砕く。
 かちっ。
 空気に冷やされながら揺れる火種から、僅かに暖を頂きながら二度、強く吸った。
 口に燻った煙が染み、肺を満たした。引っ越したばかりのアパートで眠るような安心を直接ぶち込む。
 午後2時15分。待ち合わせから15分も過ぎていた。時間にきっちりとしているアキラには理解できない行為だった。
 嘆息が白い水蒸気となって町に消える。もうかれこれ30分ほど喫煙所にいる。アキラ以外の人間は、自分の煙草を取り出し、八割ほど吸い終わったところで灰皿に入れ改札へ向かう。サラリーマン、大学生。色んな職種の人間が代わる代わる吸い終わっていく。
 アキラのように喫煙所にずっと立っているのは稀だろう。たいていの喫煙者は、まるで機械の様に一本を吸い終われば各自の仕事へ戻っていく。ニコチンというガソリンを得た車たちは自分の故障に気付くことなく走り出す。
 唯一、アキラだけが人間だったのかもしれない。故障を自覚すらしていなかったのだから。
 そこからさらに10分、三本目を吸い終わったところでようやく改札口に現れた。

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:41:34.099ID:grBJEKna0
 真っ赤なコートを羽織り、ハイヒールを履きながら闊歩する姿は、敏腕なキャリアウーマンだと思うだろう。
 長い黒髪をポニーテルのようにまとめ、人を殺したような、いやもしかしたら知らないだけで殺しているのではないかと錯覚させるほどの眼光は、アキラを見た瞬間に緩いものへと変わる。
 両手を子供のように振りながら小走りで近寄ってくるその様は、まるで小動物だ。獰猛な野獣が自分にのみ甘えてくるイメージを、勝手にアキラは想像した。
 女はアキラに目配せをしたあと上質なコートのポケットから窮屈そうに潰れたボックスを取り出した。
 燃え盛るような百円ライターで火を着けると、細い女性用煙草がみるみる枯れていく。
 パンパンに膨らんだ肺から吐き出すその様は、遅刻してきたことなど何一つ気にしない堂々たるいでたちだ。
 薄紅色の塗料がフィルターにしっかり烙印されたところで、ようやくアキラに対して向き合う。

「最近はどこも禁煙だ嫌煙だとうるさい奴らばっかりだ。体に悪いからやめろと直接私にモノ申すやつも出てきた」
「仕方ないと思うけど。身体に悪いのは事実なんだから」
「はぁ、喫煙者がそう言いだしたら終わりだな。私にとっちゃ煙草は生命線だというのに」
「その煙草で生命が脅かされてんじゃない?」
「バカだな。私にとっては煙草を吸わないことが体に悪いんだよ」

 禁煙することが自分の体に害を与えている、と付け加えた。

「姉さんはヘビースモーカーなんだから減らした方がいいとは思うけどね」
「ヘビーだろうがライトだろうが関係ないさ。団塊の世代を見てみろよ。薬まみれの野菜を食いながら、排気を吸って生活してきたやつらは、バリバリ働いて楽しく年金暮らししてるじゃないか」

 ここまでくれば屁理屈も立派な理屈だ、とアキラは項垂れた。

「それで。私を呼んだのはなんだ。これでも、それなりに忙しいんだけど」

 

「立ち話もなんだし、久しぶりにあったんだからどっかお店に入ろう。姉さんのことだから、昼はまだ食べてないでしょ。近くにいいパスタ専門店があ

るんだ」

 大きな釣り糸として、提案と折衷案をアキラは同時に提示した。ここで話すことではなかったし、話すべきでもないことを知っていた。
 アキラの姉、ツバサはパスタ、という言葉にきりりとした眉毛をほんの少しだけ上にあげた。
 そのわずかな機微を、アキラは見逃さない。
 
「カルボナーラは?」
「アルデンテ」
「おしぼりは?」
「厚めの布」
「コーヒーは?」
「挽きたてのアメリカン」
「灰皿は?」
「大きめのガラス」
「悪くないな」

 魚拓をするような記録的な釣りだった。
 
「店はどっちだ」
 アキラが店の方向を指す。方向は駅近くのショッピングモールの三階。
 ツバサのただ指先の方向へ歩き出す。
 羽織ったコートは激しく揺られ、口から吐き出される息とアキラを置き去りにしてツバサは横暴に道を進める。
 姉さんらしいな、と少し微笑みながらカツカツとリズミカルなハイヒールを追いかける。
 昔の様に背中を見つめながら、どう相談しようかどう切り出そうか考えていた。
 ツバサに電話して、24日に相模大野駅で待ち合わせをすることになってから一週間があったが、結局のところアキラは話し出しを決めれなかった。
 コンサルト探偵として日本中を飛び回っている姉が、一日以上同じ県内のいるのは珍しい。今回もアキラが無理を言ったのだ。
 なんていえばいいだろうか。

 ――もうすぐ、死ぬだなんて。

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:45:27.414ID:WylEJpKia
何ページ見ればいいの?

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:45:48.064ID:AtqMgPFJ0
いいんじゃね

岩壁だよ

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:46:34.503ID:Q9tOF54zM
「カルボナーラは?」
「アルデンテ」
「おしぼりは?」
「厚めの布」
「コーヒーは?」
「挽きたてのアメリカン」
「灰皿は?」
「大きめのガラス」
「悪くないな」


こういうのダサいからやめたほうがいいよ

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:47:12.555ID:rIh3aJIeK
坂田火魯志テイストだよね

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:48:31.065ID:grBJEKna0
>>6
文章としてくどくないかな
>>7
が、岩壁?

>>8
おらすきなんよ

>>9
すまん、あまり読書をしないからわからぬ

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:54:12.272ID:grBJEKna0
全然てんさくしてくれんやんけ!

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:55:57.128ID:WylEJpKia
>>4しか読んでないけど

くどい
てか「改造された冬の空」ってSF的な世界観なの?それとも比喩?
掴みで伝えなきゃいけないこと整理してちゃんと伝えないと
グドい比喩の一つ一つも悪くないのも多少あるけど、下手だったり幼稚なの混じってて言葉の世界観も作れてない
技術じゃなくて表現に向かわないと

これじゃただのポエムオナニー

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 19:58:36.242ID:grBJEKna0
>>12
タバコやらの煙でってつもりだけどもっと最初は明確の方がいいのかありがとう

いまいち主観だと稚拙なものと悪くないものの区別がつかない

もしよければおしえてくれないか

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:03:50.007ID:MPHeBNYL0
語彙的にはもっと冗長な語りと相性がいいと思う
それをハードボイルド風の短めの文体で書くと冗談なのかも分からず滑ってる感が出ちゃうかと

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:06:13.402ID:grBJEKna0
>>14
もしかしてすべってるのかおれ

自覚全くなかった

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:08:52.004ID:y9LpC/Xq0
アキラの顔を忍ばせただとアキラの顔だけが独立して意識持ってるみたいじゃない?
無糖のホットコーヒーより缶コーヒーだけでよくない?カイロがわりでホットなのわかるんじゃない?
ひんやりと凍てつく←このふたつって共存させると違和感ない?
楽しそうに買い物をしているってのがわかるってことはショッピングモール内?
安心を直接ぶち込む←つまり?
いろんな職種の人間ならサラリーマンと大学生以外にも欲しくない?
故障に気づかないのと自覚がないのって何か違うの?
改札口に現れた←何が?

って普段全く本を読まない読解力ゼロの俺は思った

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:13:43.925ID:WylEJpKia
12月24日。
 改造された冬の空は、アキラの顔を深くマフラーに忍ばせた。赤く冷えた鼻をひんやりと凍てつく風から守るために。吐く息がマフラーを反芻して少し暖かくなる。


とりあえずこれのダメなとこ書いてたら多過ぎて心折れた
ここ5回くらい読み返して書き直せ

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:17:54.386ID:grBJEKna0
>>17
改造は説明しなきゃだめだがほかはわからん

好きなんだが

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:22:22.635ID:2jFQ5++30
吐く息がマフラーを反芻
っておかしくない?
反芻するもの、されるものって何?

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:23:54.622ID:MPHeBNYL0
>>15
滑ってるに近いのかも
読者のよく解らないままにテンポはよく話が進むから「あっ、はい」ってなる

改造された冬の空というのは…
季節の移りかわりによる自然な様変わりなのか
クリスマスに彩られた町並みのことを言ってるのか
冒頭から読んでる側は躓いちゃうんじゃないかと

これをシュールとかイッペルボール(だっけ?村上春樹などの独特の誇張法)に仕立てるにはもうすこし説明が必要かと
もしくは本当にハードボイルドにしちゃうかだね

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:37:56.154ID:WylEJpKia
村上春樹はポエムがちゃんとストーリーに向いてるから引き込まれるんだよな
>>1の文書はとにかく無駄が多い

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 20:47:05.257ID:QvOCLhMF0
文章がバラバラというか情報をぶつ切りにして並べてあるみたいで読み辛いな
もうちょっと主人公の意識や行動を文章の中に散りばめた方が文章としてまとまって読み易くなりそう
午後2時15分て時刻を出す前に、主人公が時間を気にして時計を見る描写をちょっと挟むとか。

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 21:31:58.238ID:X3XU0w/Ia
まず改造?と思った
まあ何か意味あるんだろうとしても前後にそれらしきものと結び付く記述がないから不明
よしんば伏線なんだとしたら他にそれと繋がる記述がほしい
例えば空の穴を見ながらとか空の目が見つめ返してくるとか
改造だけだと比喩なのかなんの比喩なのか伏線なのか大雑把なカテゴリーでもどれなのか解らない

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 22:00:43.944ID:9Py9JwvQ0
読むのが苦痛

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 22:03:32.065ID:DVx5kRbFd
まあでも一般書籍ってこんな感じじゃね?

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 22:07:07.256ID:gs1Ujbp60
一般書籍を馬鹿にしたな?

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 22:10:58.582ID:Zp4fancd0
改造された冬の空←いみわからん
忍ばせた←物を隠すならともかく単に寒くて埋めるのに忍ばせるなんて言わん
ひんやりと凍てつく←メチャクチャ冷たい場合にひんやりって普通使わん
守るために。←この書き方じゃ主語が冬の空みたいになるからマフラーじゃなくて冬の空が寒さから守ってるみたいになってる
反芻←むしゃむしゃしてんじゃねーよ

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/23(土) 23:05:27.656ID:K/oDfgO30
改造された冬の空で読むの辞めた

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています