男「この奴隷を買おう」奴隷少女「・・・」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:40:48.326ID:v3mhDF060
奴隷商人「へへっ!お目が高い!こいつはまだ仕入れてきたばかりの新品でしてまだ誰にも汚されていませんぜ!」

男「いくらだ?」

奴隷商人「10万ゴールドになります」

男「高い100ゴールドにまけろ」

奴隷商人「お客さんそれは無理ですぜ金がないならどっかいけ」

男「あっ手が滑った」

ドゴッバギッ

男はそういうと奴隷商人をタコ殴りにし気絶させた

男「ほれ、100ゴールドだ」チャリンッ

男「よし」ガキンッ 

男はそういうと奴隷少女の手錠を断ち切った

奴隷少女「あ、あの・・・」

男「なに?」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:41:40.019ID:HzWdxx2y0
んー出直し

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:41:51.445ID:aMoF1Bp8a
鬼畜すぎww

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:42:15.260ID:H2i5EwpWp
もう奴隷に優しくする展開飽き飽きしてるからメチャクチャに犯せよ

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:44:05.636ID:uY2DUhob0
門前払いする展開で商人ボコるからいいのにこれじゃ主人公ただのクズじゃん

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:44:36.733ID:v3mhDF060
奴隷少女「わ、わたし母に売られたばっかりなので奴隷としてなにすればいいのかわかりません・・・」

男「あー俺そういうの興味ないからもう適当に消えていいよ」

奴隷少女「え?」

男「んーと鍵はこれかな?」チャリッ

男は奴隷商人から奴隷達をつないでいる鍵を取り出した

男「じゃあこの鍵で他の奴隷を解放してあげて俺はもう行くから」

奴隷少女「え?あの」

少女は声をかけたが男の姿はどこにもなかった

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:44:43.637ID:8ZFBas7d0
手が滑ったってよく考えたらおかしくね?石鹸でも握ってるの?

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:45:28.304ID:JMpmQVdhr
>>7
オリーブオイルでぬるぬる

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:45:29.816ID:TwaTwcF30
戦争で姉妹が犯されるのがいいな

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:45:39.592ID:XJ6Tsl6a0
あんたクールだぜ

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:48:06.552ID:v3mhDF060
〜飯屋〜

男「あ〜はらへったぁ」

女将「へい!おまち!」

ドーン

男「おぉうまそう!」ガツガツバクバク

チリ-ン

女将「いらっしゃい!」

奴隷少女「あ、あのここにこのくらいの身長でこんな感じの人見かけませんでした?」ジエスチャ-

女将「あぁそれならあそこに」

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:48:33.171ID:6eGoe7m80
なろう小説で同じようなのいっぱいありそう

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:48:41.299ID:FrnD67wla
奴隷を犯さない主人とか常識人のオークとかもう出尽くした感あるからね
たまには盛大に犯して欲しいね

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:50:41.820ID:nsZrsLZAp
まぁこの書き込みの流れを見てまで日和った展開にはしないだろ
ちゃんとブチ犯すから見とけ

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:51:17.973ID:63TZQ+Vo0
現実の女
余計な事すんなよ 身体売るしか食う手段ないんだよこのバカが
せっかく金持ちの男に近づけるチャンスだったのに

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:51:39.589ID:+8p9Vl1E0
奴隷は生活が安定してるのにね
独立したがるのは大人になってからだろ
自由を求めて

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:53:58.635ID:v3mhDF060
奴隷少女「あ、あの!」

男「ん?・・・あぁさっきの」

男「どしたの?」

奴隷少女「あの、わたし母に売られて・・・行き場がなくて・・・」

男「なるほどそれで俺に・・・」

男「んー俺はある目的があって世界各地を旅してるんだよねぇ」

男「結構過酷な旅だからついてこない方がいいかもよ?もしよければ俺がこの街の孤児院や教会に話つけてこようか?」

奴隷少女「・・・あの商人に捕まっていた奴隷達はみんなでみんなを励まし合い家族同然でした」

奴隷少女「みんな売られるのが怖くて夜眠れない日々を送っていました」

奴隷少女「ですがそこであなたが私たちを救ってくださったのです」

奴隷少女「他の奴隷達は家族の元に帰ったり孤児院や教会に向かいました」

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:56:57.578ID:S3ib4MWE0
早くボコボコにしろ

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:57:49.167ID:v3mhDF060
男「なるほどなぁ」

奴隷少女「ですが私はあなたへのご恩をお返ししたいと思っておりますので・・・」

男「よしわかった俺についてこい!」

奴隷少女「は、はい!」

〜宿屋〜

男「よし」

奴隷少女「あ、あの?」

ドサッ

男はおもむろに奴隷少女を押し倒した

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:59:19.466ID:tgVKr6Xbp
吐くまで喉を犯そう!

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:59:29.439ID:v3mhDF060
奴隷少女「い、一体なにをするんです!?」

男「あーお前くらいの歳ならわかるもんだと思ってたんだけど奴隷だしなぁわからんか」

男「まあ俺には関係ねぇかw」

男「うし」ボロンッ

奴隷少女「ひっ!?」

男「しゃぶれ」

奴隷少女「こ、これをですか?」

男「はよ」

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 05:59:34.869ID:V8R0IHsBM
えぇ…

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:00:23.299ID:i85wVbIMF
手滑んないの?

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:00:50.297ID:Tick8Gt0p
普通のレイプでは物足りないぞ
奴隷なんだからもっともっと酷いことを

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:01:30.377ID:HbN2ouxb0
なんかよくある話だった

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:02:19.474ID:1zflMZRKa
は???



は?????

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:02:47.536ID:63a8glIFd
早く手を滑って腕の一本や二本へし折れ

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:03:30.209ID:v3mhDF060
男「はいあーんして」

奴隷少女「え、えと」ア-ン

男「はい挿入!」ズブッ

男は自分の性器を奴隷少女の口に突っ込んだ!

男「うっひょーきもちいいw」ズブズブッ 

奴隷少女「う、うぉえ」グスッエグッ 

男「そろそろイくぞ!飲み込め!」

奴隷少女「え?っ」

ドビュルルルルルルル

奴隷少女「う、うぉえ」ゴボッ 

ドバァ

男「吐くなよ」バギッ

男は奴隷少女を殴りつけた!

奴隷少女「い、いたい」グスッエグッ

29以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:03:50.738ID:v3mhDF060
>>27
これいいな

30以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:04:16.578ID:3ZwutQc8d
早漏wwww

31以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:04:40.326ID:V8R0IHsBM
安価スレでもないのに当初の軌道から外れつつあるのがよくわかる

32以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:06:09.398ID:v3mhDF060
男「よし次は・・・」

奴隷少女「グスン」

男「腕と足へし折るかw」

奴隷少女「ひぃっ!?」ダッ

奴隷少女は全力で走った!

男「にがすわけねぇだろw」

だがすぐに追いつかれてしまった

ドゴッバギっ

男「よしっおるぞー」

奴隷少女「や、やめてください!」

男「無理w」ボギッ

奴隷少女「ギャアアアアアアアアアアエガアアアアアアア」

33以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:06:41.884ID:yJjvzqdh0
流されちゃったパターンか
好きに書けば良かったのに

34以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:07:21.885ID:TwaTwcF30
しばらくスレから目を離してたらリョナになっててワロタ

35以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:07:44.100ID:v3mhDF060
男「次は逃げられないように足だな」

奴隷少女「も、もうやめて・・・」

男「はいはいw」ボギィッ 

奴隷少女「ぁぐっっ」

36以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:07:46.458ID:V8R0IHsBM
ヴェアアアアアアアアアア!!!

37以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:08:24.327ID:v3mhDF060
童貞だからこれ以上の展開わからんから終わりますはい

38以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:10:20.267ID:TwaTwcF30
しょうが無いな乙〜

39以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:20:46.189ID:RHlwDaXgH
ーーー。
あなたは不用心にあなたに着いてきてしまった悲劇の少女を前にしています。
薄汚れた粗末な布切れから顔を出す華奢な四肢は内出血により痛々しく痣を主張し、潤んだ瞳には恐怖と混乱が映され、にわかに理解が追いつかないといった様子です。
しかし少女の体に刻まれた苦痛は紛れもなくあなたの手によるものです。

少女に何をしますか?
>>42.

40以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:22:55.552ID:v3mhDF060
このまま中出し

41以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:23:07.982ID:WpoU56Nga
中出し

42以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:24:13.750ID:Vz2yQGuT0
>>34
は?
くっそ滑ってるじゃん

43以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:24:22.299ID:4Ect1RhU0
ぶっかけ

44以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:26:06.656ID:BRFNUa7o0
ボコボコにした商人が実は親で娘が偽善者男に復讐する話読みたい

45以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:26:24.172ID:v3mhDF060
>>44
それいいな

46以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:37:20.979ID:efeDTclHM
「は?くっそ滑ってんじゃんw」
逃げようとする少女にあなたは言い放ちます。
「うぅっ…ヒック…あ、あなたがぁ…あ、足、を…ヒック…い、痛い…痛いよぉ…」
少女は言葉を返し、最もだとあなたは理解します。
脚を折られ、逃げ出すことも叶わない少女はあなたと出会う以前のように自分の脚で、己の信じる身体で身の危険を回避しようとしたのでしょう。
しかしひとたび脚を折られてしまった少女、今までと同じようには行かないのです。
そう、彼女の脚は地面を捉えず宙に脚を置き、滑るように地面に伏すのでした。

[少女]
安定度 -3

少女に何をしますか?
>>49.

47以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:38:07.011ID:iOyLq/5t0
奴隷をあえて愛でる!みたいなありがちなくっさいキモオタ展開にならなくて良かった

48以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:42:01.902ID:FrnD67wla
窒息寸前まで喉に突っ込んで抜いてはまた突っ込む、逃げる気力なくなるまで繰り返す

49以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 06:42:26.575ID:MPPxHTcs0
おしっこ飲む

50以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 07:02:35.012ID:2mi7pFJnM
痛みと恐れに床を這う悲劇の少女を横目に、あなたは懐に偶然用意しておいた薄黄土色の液体で容器の半分以下ほどが満たされた試験管を取り出します。
あなたの中では液体とは飲むものであり、迷いなくあなたは飲み干そうと考えました。
ですが、ただ飲むだけではという考えがあなたの脳裏を過ぎり、次の瞬間、まるで別人格が現れたかのような不意の言葉があなたの口を突いたのです。
「ここでおしっこしようかお嬢さん」
無意識のうちに脅しを込めた低音で両者ともに予想だにしなかった言葉をあなたは言い放つのでした。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています