寂静廃址

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:32:10.800ID:ZUUAXJvS0
第一回 藤原町に巨人の屍を見たっ! その1
https://hkawa.exblog.jp/11111522/

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:32:31.941ID:ZUUAXJvS0
白石鉱業・藤原鉱山
三重県員弁郡藤原町白石

アクセス方法
国道365号線、三重県の岐阜県との県境附近。白石公園向かいの道を入る。
滋賀県からは、多賀町の国道306号線を東に、鞍掛峠を超えて365を北上すぐ。
或いは、国道21号線で岐阜県関ヶ原へ、365に入り南下。

1999年6月5日 土曜日 晴れ時々くもり

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:33:15.735ID:ZUUAXJvS0
その日は、時々曇るものの、雨の心配の無い絶好の天気だった。我々h川口探検隊
総勢1名は、一人の脱落者を出す事もなく(当たり前っ)、目的地である白石公園に
到着した。
正面の道を入ると目的地へは一直線であるが、この道は道路工事中のように見受けら
れ、奥まで辿り着くのは困難のようだ。遠くから勇姿を眺める事は可能だが、でき得
る限り近付きたい。別ルートの探索にあたった。

国道365号線をほんの少し北上すると、左手に旧国道へのルートがある。侵入する
とすぐ三叉路があり、左方面は山中へと伸びている。
迷わず左手に進路をとると、廃屋が現れた。あるいは坑夫の住居であったのだろうか、
かなり良い感じに荒廃していたが、今回の目的はあくまでも廃坑である。涙を飲んで進む。
(っちゅうか、写真撮るの忘れてた)
すぐに道は未鋪装路となった。完全に山道である。ここからは、スクーターを諦め徒歩で
の行軍である。(ああ、オフロードバイクが欲しい・・・)ところが、いくらも歩か
ないうちに、探検隊は大きな障害にその行く手を阻まれたのである!

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:35:30.917ID:ZUUAXJvS0
突然現れたバリケードと密林
https://i.imgur.com/7GAxCXh.jpg



バリケード前に倒れていた立入禁止の看板には「落石多発」の文字が・・・
https://i.imgur.com/mb86FCD.jpg

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:36:21.044ID:ZUUAXJvS0
それまではまだ山道とはいえ、道は道として存在していた。だが、ここからは草木が
道を覆い、判別のつかない状態となっている。もし足を踏み外したら、片側は険しい
崖である。それに看板の「立入禁止」と「落石多発」の文字が・・・

隊長 「我々は法を犯す訳にはいかない。立ち入りが禁止されている以上、進む事はで
きないのだ。それに、私には君たち探検隊員の命に責任があるのだ。分かってくれ」
一同 「たいちょぉ〜」

隊長の言葉に、泣く泣く進行を断念するh川口探検隊であった。(実のところ臆病者
のh川口は、ほとんど躊躇することなく引き返す事を決めたんやけど。)

意気消沈でスクーターまで戻ったときである。撮影担当である隊員Bが、山間に茂る
木々の隙間から目的の物件を確認できる事を発見した。シャッターを切る。

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:38:53.293ID:ZUUAXJvS0
この道は、この建物の上部辺に通じてると踏んでいたのだが
https://i.imgur.com/HuA1vEk.jpg


400mm望遠でもここまでしか寄れない
内部は見えない
https://i.imgur.com/m0JnBJj.jpg

これは下の方にある部分
やっぱり、もうちょっと寄りたい
https://i.imgur.com/s5XvbUJ.jpg


別アングルから
どうやっても内部は見えない、残念
https://i.imgur.com/SLMu2Jj.jpg

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:39:28.603ID:ZUUAXJvS0
やけくそ気味でフィルム1本を使い切ったが、この事が後で後悔になるとは、
この時は思いもしない探検隊の面々であった。

その2につづく

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:42:21.914ID:ZUUAXJvS0
その2

さて、山際から回り込むルートが失敗に終わった訳であるから、ここは正面から攻める
しかなくなった。旧国道を出て、引き返す。
白石公園まで戻ると、正面の道を進行する。田植えの終わった田園の先に、山間に広
がる勇姿が見える。


https://i.imgur.com/hwldqQb.jpg

斜めからの撮影で、小さく纏まって見えるが、本当はもっと横に広がっている。
腕と撮影器材が悪いのです。(主に腕が)
ああ、広角レンズが欲しい。

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:45:53.655ID:ZUUAXJvS0
この道を奥に進めば、近付く事ができるかもしれない。しかし、案の定、道路工事の
器材が置いてあり、工事中の雰囲気である。
が、工事の音はしていない。通行止めのバリケードも横にどけてある。
工事は休みか?
とりあえず、スクーターは置いておき、徒歩で進んでみよう。・・・やはり休みのよ
うだ。問題ない。
右手に広がる廃坑を横目に進むと、水道局の真新しい施設を越え、道は未鋪装路にな
る。だらりと垂れ下がった鎖が、我々の行く手を塞いでいた。(行く手を塞いでっち
ゅう程のもんでもないんやけどね。鎖は路上を這っているだけ)
隊長 「むむ、またしても立ち入り禁止かぁ?」
副隊長「さっきのと違い、草木が覆っている訳ではありません。大丈夫、進めますよ」
隊長 「ばかものっ!法を犯してはならないという我々の隊則を忘れたかっ!」
副隊長「しかし、ここまできて・・・」
隊員A「たいちょ〜、看板があります〜」
隊長 「なになに、風穴の調査・観察に来た人は、御自由にお通りください」
隊員A「どうしましょ〜」
隊長 「よしっ!我々は風穴の観察に来て、たまたま廃坑にでくわしたのだっ!」
隊員A「なるほど〜」
副隊長「それって、詭弁じゃぁ・・・」
隊長 「うるさいっ!ゆくぞっ!」
というやり取りがあったのか(ないって)、h川口探検隊は道を進む。

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:48:33.873ID:ZUUAXJvS0
拍子抜けするほど簡単に、そこに辿り着いた。
川にかけてある橋を渡ると、立て板で侵入できないようにしてあるものの、
一番表に位置する建物だけは、内部を覗き込む事ができたのだ。
隊長 「隊員B、出番だぞ。」
隊員B「・・・」
隊長 「無口なやつ」
撮影担当の隊員B、冷静な彼も興奮を押さえきる事は出来ず、夢中でシャッターを
きるのであった。

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:55:53.503ID:ZUUAXJvS0
通路用の小さな橋の上から撮影
右の建物の内部を覗くことが可能
https://i.imgur.com/fESSM6P.jpg


さっきの写真の左側
人工の滝(?)があり、いい感じ
https://i.imgur.com/9Jddj87.jpg

足下の開口部から中を覗く
換気用か?
https://i.imgur.com/FnaHZhM.jpg

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 03:57:36.159ID:ZUUAXJvS0
静寂の中に佇む機械群
かつては、咆哮をあげて活躍していたのだろう
https://i.imgur.com/NBwWHX1.jpg

草木の侵食は緩やかに、但し確実に進み往き、やがて万物は土に還るのであろうか
https://i.imgur.com/howqR21.jpg


建物の左側には、廃材が山積みされていた
もとは建物だったのか?
https://i.imgur.com/h7CDsfd.jpg

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:01:33.245ID:ZUUAXJvS0
今来た通路を撮る
通路の先に見える建物もいい感じ
でも、立て板で塞がれているので、侵入はできない
https://i.imgur.com/zMpt1K6.jpg

寂びた機械はものを言わない
彼らの愚痴を聞いてみたい気もする
「俺も当時は最新鋭機種でよぉ、そりゃ皆から重宝されたもんよ」
なんて言うのだろうか。
https://i.imgur.com/BLpYWIA.jpg

通路から、川におりる階段
川と言っても、コンクリートで固められた浅いもの
https://i.imgur.com/2Ak0L7F.jpg


見上げると、山の中まで炭坑施設が続いている
この階段は、どんな所に通じているのだろう
昔は、どんな人が、どんな想いで登ったのだろう
夢は膨らむ
https://i.imgur.com/5JVlW1d.jpg

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:03:30.912ID:ZUUAXJvS0
入り口から覗く
左に見えるのは、機械を監視する職人さんの待機場所だろうか
https://i.imgur.com/B9ScPT5.jpg

狭い待機所風の小部屋
とってもいい感じ
作業簿なんかが置いてあったら最高なのだが
https://i.imgur.com/ZZcUP04.jpg


通路用の小さな橋の正面
通路らしいが、立て板で塞いである(写真下部)
あぁ、入ってみたい
https://i.imgur.com/3X2B5iT.jpg

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:07:52.557ID:ZUUAXJvS0
ここで撮れそうな写真は撮り終わったのか、辺を見回す隊員B。(実は、このホーム
ページの編集中に、ぎょうさん撮り忘れている事に気付いたのだが、これは別の話)
隊員A「たいちょ〜、副隊長が握りこぶしくらいの蜂に追い掛け回されてます〜」
隊長 「放っておけ」
副隊長「たーすーけーてーーー・・・」
隊長 「そんな事より、写真は完全か、隊員B?」
隊員B「・・・」(首をかしげる隊員B)
隊長 「どうした、何か問題か?」
隊員A「フィルムが足らなくて、これ以上撮影したら後の分が無くなるそうです〜」
隊長 「なんだとぉ!どういう事だっ!」
副隊長「ぜー・・はー・・ぜー・・はー・・」(ようやく蜂から解放された副隊長)
隊長 「副隊長、物資調達は君の担当だったな。貴様、フィルム代をケチったなっ!」
隊員A「ガソリン代もですよ〜、僕ぁ、無事帰れるか心配だなぁ〜」
隊長 「どういう事だっ!まさか、浮いた資金を着服しているのではないだろうな」
副隊長「そんなぁ、隊長が今回はお金がないって・・・」
隊長 「言い訳無用だっ!へそくりがあっただろう、あれはどうした?」
隊員A「へそくりは、昨日隊長が山口紗弥加写真集を買うのに使ってました〜」
隊長 「そ、そ、そうだったかな。まぁ、ともかく、フィルムが足りないのなら仕方
ない。つぎの場所に移動だっ!」
隊員B「・・・」(肩を竦める隊員B)

その3につづく

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:10:31.135ID:ZUUAXJvS0
その3

この場所から伸びる通路は、正面と左、右の3本であるが、左の通路は既に撮影した。
残る2本の通路はいずれも立て板で遮られ、侵入する事はできないようになっている。
しかし、バリケード越しに垣間見る景色は、廃址心をくすぐる、非常に「いい感じ」
である。
隊長 「うーん、中を見てみたいぞっ!」
隊員A「どーも、無理っぽいですね〜」
隊長 「見たいったら、見たいんだいっ!」
隊員A「まるで駄々っ子ですね〜」
隊長 「副隊長、お前、ちょっとこの壁を乗り越えて行ってこいっ!」
副隊長「えぇっ!」
隊長 「大丈夫だ。不法侵入で見咎められた場合は、血気逸った副隊長の独断という
ことで我々は知らんぷりするから」
副隊長「そんなぁ、だめですよぅ。そもそも、隊員Bがいなければ写真が撮れないで
す」
隊長 「チッ、使えない奴め!」

仕方がないので、外側から撮影を開始する。
今回は道路からの撮影なので、じっくり三脚を据えて撮影を開始する隊員Bであった。

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:30:28.851ID:ZUUAXJvS0
先程、山道側で撮影した建物
下からは、また違った雰囲気
https://i.imgur.com/EgJxwV7.jpg


山肌に張り付くように点在する施設たち
良いねー
https://i.imgur.com/GHxOYfM.jpg


木々に覆われ、遺跡と化していく
中央部にある階段、登ってみたい
https://i.imgur.com/ud1q287.jpg

結構、大規模な鉱山だったのだろう
https://i.imgur.com/8DFDErS.jpg

ちょっとズーム
石垣が立派
ああ、素晴らしいっ!
https://i.imgur.com/c0uTFIA.jpg

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:32:57.269ID:ZUUAXJvS0
木造の建造物ってのは、以外と丈夫
歪んでも倒れず、それがまた「味」をだす
https://i.imgur.com/vn1jejZ.jpg

これは、トンネルなのかなぁ
ずっと地中まで伸びてるのかなぁ
廃址を前にした想像力は羽根を持つ
https://i.imgur.com/81V34Mq.jpg

4枚の写真を繋いでみたら、パノラマ風に広がりができた
もともと繋ぐつもりで撮影した訳ではないので、中途半端な写真なのは仕方ない
しかし、やっぱりいいなぁ、この廃址
https://i.imgur.com/QwcBcqs.jpg

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:36:13.358ID:ZUUAXJvS0
住居であろうか
他とは一風違った建物である
もしかして、関係ない建物なら御勘弁を
https://i.imgur.com/DizS5Iu.jpg


窓から垣間見る内部の様子が、また色々な想像を掻き立てる
https://i.imgur.com/96j9TXg.jpg

うーん、いい朽ち具合
https://i.imgur.com/6DhPQdM.jpg

窓枠が落ちないで残っているのが、またいい味である
この状態は、いま、この瞬間でなければ見られないのだろうなぁ
https://i.imgur.com/1Kq1qHs.jpg

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/07(木) 04:39:03.272ID:ZUUAXJvS0
ここまで撮影し、とうとうフィルムが無くなってしまった。
隊長 「なんて事だ。まだ撮影しておきたい所は沢山あるっていうのに」
隊員B「・・・」(肩を竦めて首を振る隊員B)
隊員A「しかたないですね〜、また来ましょうよ〜」
隊長 「当然だっ!また来るぞ、来るともっ!」
隊員A「(それより、帰りのガソリンがぎりぎりなんですよね〜)」(小声で話す隊員A)
隊長 「(大丈夫なのか?)」
隊員A「(重量を減らせば、なんとか保ちます〜)」
隊長 「(よし、判った) おーい、副隊長!」
副隊長「なんですか、隊長」
隊長 「我々は、廃址がそのままで保たれる事を望んでいる。そうだな?」
副隊長「そうです」
隊長 「その為には、微力ながら我々にも、廃址を汚さない努力が必要だな?」
副隊長「当然です」
隊長 「では副隊長。その辺を見回って、我々がゴミをしていないか確認してくれ」
副隊長「了解です」(辺をキョロキョロ、駈けていく副隊長)
隊長 「・・・よし、帰るぞ。出発だ!」
隊員A「わかりました〜」
隊員B「・・・」(肩を竦める隊員B)

暮れなずむ夕日の中、真面目にゴミを拾う副隊長の陰が、いつまでも揺れていた・・・

おわり

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています