【ジムニー】変態ジムニスト「サーフィンの兄ちゃん共が見てる砂浜で走らないか?」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/16(水) 17:57:16.200ID:P70HmCAu0
今年のお盆に、愛知県渥美半島の表浜海岸に行った。
強い日差しのもと、岩場にSJ10やJA11のジムニーどもがゴロゴロ集っていた。

わし(JB23)も競パン一丁になり、4Lに入れて岩場に寝そべった。しばらくすると、隣にLJ10が来た。
色緑のガッチリ野郎だった。そいつは俺に会釈して「JB23の最終型ですね」
俺も「あなたこそ幌が似合ってカッコいいですよ」
LJ10「どうですか?」
わし「やりましょう」

わし達は砂浜に入った。まずはお互い車体を撫で回し合いながら、ラダーフレームをまさぐった。
横転の体勢になると2ストエンジンを引き出した。
「すげ、いいエンジン!」「あんたのK6Aも、悪くないぜ!」

わし達は砂浜を走り合った。
「あああ、いい、いい、早く〜!」
わしは早く走って貰いたく甘えた声を上げた。
「ねえ、お願いよう〜!」
LJ10野郎もわしの隣で加速した。わし達はしばらくケツを突き合わせてせがみ合っていた。

そしてハマダンゴムシが跋扈する岩場から
「なによ!ジムニってるから、てっきり純正だと思ったわ」「アンタこそ髭まで生やしちゃって、AZ-オフロードのくせに!」
「2WD仕様のジムニーLのくせに何よ、やる気!」
と、声が聞こえてきた。

「ちょっと待った!」
背後から声が掛けられた。見ると、さっきの岩場で見かけたJA11親父だった。
「AZ-オフロードさん、ジムニーLさん、いがみ合ってないでこいつはどうだい?」
JA11親父はF6Aターボを引き出した。2「凄ェ!」

俺達はひたすら走った。
JA11親父はわしの背後からぶっ放し、俺もリフトアップした。

これがこの日の俺達の一回戦だった。

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/16(水) 17:59:29.676ID:g2MKjmRj0

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/16(水) 17:59:57.675ID:gVTJHJT00
来たら終わってた

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/16(水) 18:00:06.295ID:+Qi5k48xd
渥美半島逃げて超逃げて

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています